| 管理 |
/
ホーム > カテゴリー - 健康

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2010年12月22日 水曜日/02:58:16/ No.209
白い粉の快感

記事分類:健康
白い粉
ちょっとヤッてみようと思ってヤッてみました。
結論からいうと、
とても気持ちいいです。
これヤると、
何かモヤモヤがスーッとするんですよね。
癖になりそうです。



玄米
以前の記事「超健康!玄米ジュースを作る」で、玄米ジュースについて書きましたが、
色々宿泊場所や生活場所が移動したりする場合に、
玄米が発芽するのに時間がかかる事や、
あとさりげなくミキサーの音がうるさ過ぎて(だいたい二分ぐらいミキサーにかけないとサラッとした玄米ジュースになりません)都会の事務所では使い辛そうというのもあり(笑)、
そこでですよお姉さん、
白い粉にしてヤッちゃおうってアレなんですわ。
こっちのほうがキモチィんじゃないかなと。

玄米
んで!
発芽した玄米を水に浸けてる瓶から取り出して、
キッチンペーパーで水気を吸い取ってから、
すり鉢または乳鉢で擂ってみました。

なんか実家が妙に「なんでこんなものがあるん?」ってぐらい色んな道具があったりするので(笑)、乳鉢なんてニッチな道具が何故かあってすぐにこういう事を試せるわけですよ(笑)、ありがたいですね(笑)。


私が玄米ジュースを作ろうと思ったキッカケが、以前に買って持ってた武術の雑誌の総集編の本に載っていた肥田式強健術のコーナーによるもので、
そこには「すり鉢で擂ったものを水で溶くだけ」とあったので、
まぁ確かに自分で擂ればいいのだろうなぁとは思いつつも、普通に文明の利器ということでミキサーを使ったりしてましたが、
ちょっと試しに自分で擂ってみようかなと。

すると・・・・

これがまた、なんともいえず気持ちいいわけですよ!!
玄米ジュースを飲むことで素晴らしい栄養を一気に摂れるという、
そういう物理的な得るものとは別に得るものがあるわけです。
発芽するまで水を入れ替えたりして何日も待つ事そのものにも「生きる」という事への感謝を感じるようなよさがありますが、
ミキサーを使わずに自分で擂って粉にするという行為そのものにも、
何か精神的に得るものがあると感じました、
あと、普通に筋トレになります(笑)。

で、大さじ1杯分の発芽玄米をサラサラの白い粉にするのに、
だいたい15分~20分ぐらいかかる感じで、
大さじ三杯が一回のジュースの分量なので、
なんだかんだで気付いたら40分以上かかりました(笑)。

どんだけ原始的・・・(笑)

これはマジでいいですよ!
心身ともに何か磨かれて、
しかも雑念・邪気を追い払える感じです(笑)。

よく水商売などで客がつかなすぎて暇な状態を
「お茶挽き」とかいうようですが(笑)、
いや、
挽くとか擂るっていうのは、
ほんと、
暇らしい作業といえばそうですね、地道で(笑)。


ところが、それがいいんですよ!
しょうもないことしたり考えたりするぐらいなら、
玄米すってジュースのために粉作ってる方が心身にとってとてもよいです(笑)。

まさになんというか、これが人間にとっての本当の「仕事/生きる!」という感じがしますね。

筋トレにもなって邪気は消えて栄養満点のジュースができるんだから、
善い事尽くしですよ。

ちなみにふと思ったのは、
これをいかに楽して無駄な力を入れずに脱力しつつ能率よくスれるか、
という事を考えた時、
ピアノやドラムの演奏における身体の使い方や意識や気の流れと同じだなと思いました。

つまり、小手先で必死にスってもなかなか砕けないわけです。
どちらかといえば、指や腕や肩は何も意識せず、
身体全体の体重をボンヤリと眼をつむって斜め上を向いて眼の前にある架空の気の玉のような部分に集中して、脳からその気の玉に電波を送って、その気の玉から肩や腕や指先にエネルギーを送って受信して、その遠隔操作によって力がそこにかかるようにするわけです。
そこらへんについては何かの機会にピアノ、特に鉄鍵律などのピアノを弾く際の、クラシックとはまた違う武術的な系統の身体の使い方、意識の持ち方などを解説などしたいなと思ったりしておりますが。

まぁつまり、
玄米を擂ればピアノやドラムが上達すると感じました(笑)。
将来私が鉄鍵律系の体育系ピアノの特殊テクニックを伝授する教則ビデオなんかを出したとしたら、
「玄式鉄鍵術」
などと謳って、
まず第一章は
「ピアノの前に座る前に…:『玄米をスろう!』」
から始めたいと思います(笑)。

この部分で10分、
他、身体感覚や思想の話で40分、
収録します(笑)。
ピアノの話は最後の5分だけにします、いや、むしろピアノの話なんて興味ないのでしません(笑)。

そういうピアノ教則ビデオ、いかがでしょう??(笑)

ドラムに関しても、
ツーバスを高速連打できない人、テンポ180の壁を超えれない人、
是非、
玄米ジュースを作って、玄米をすり鉢で毎日スッてください、
必ずドラムも上達するはずです(笑)。


重要なのは、
外面的なテクニックや形だけでなく、
内部の根本から何かを磨けるところがよいです。

是非、私も玄米をスるという作業を継続していきたいと思います。




ちなみに、肥田式強健術というのにかなり興味がわいたので、
本を買ってみました。
レビューを見るとあまり評判がよくないようですが、
そんなの関係ないです、
自分が買いたいから買ったんです。
そして買ってよかったです。
取り入れられそうなエクササイズは試したりしてみようと思います。
序章を読む限りでは、
この肥田式強健術の創始者の肥田春充さんは、かなり凄みのある人物だったみたいですね、
もはや宗教的な領域の香りがします(笑)。
実際に政治・経済・思想・宗教にも影響を与えた人物らしいですね。
明治16年生まれで、1956年に人類の前途を憂い完全絶食で他界したとありますが、
もし彼が今生きていたら今の世をどう思うのでしょうか・・・・。

あと私が日頃考えている事と、この肥田式の考え方は結構一致していて共感がもてます。
武術系の人はやはりどちらかといえば東洋的ですよね志向が。
あと、自然の法則に随順であるべき・無理しないという考え方も素晴らしいです。
本当の豊かさや美しさというものへの考え方も私が日頃抱いている感覚にかなり近くて本当になんだか嬉しい気持ちになりました。
これからの日本はもっとそこらへんについて考え直していかなくてはならない局面に世が直面していると思います。
私は経済も武術も素人ですから、
そういう方面では何もできませんが、
私は音楽が偶然できるのだから、
それを最大限にうまく利用して、
何かを絶対に伝えて世の風をなんとかいい方向に向かわせたいと改めて思いました。



ちなみにこの記事冒頭の白い粉は、
大さじ一杯分の発芽玄米をすったものなので、
三杯となると結構な粉ですね(笑)。

これを、実家以外の場所に持って行ってどこでも飲めるようにとかで袋を持っていたら、
もし職務質問されたら大変だなと思いました。


警官:「なんだねその粉は?」
TAKAYA:「玄米をすりつぶしたものです。」
警官:「嘘をつけ!ちょっとサングラスをとりなさい。」
<サングラスを外す>
警官:「焦点が合ってないじゃないないか!目も泳いでるぞ!
   君、その粉はなんだね?!本当の事をいいたまえ!!」
TAKAYA:「いや、だから先天的に斜視で眼振で乱視で遠視なんですって!玄米ですって!!」
警官:「えーーい!嘘をつくな!ちょっと務所まで来なさい!!」
TAKAYA:「だーかーらー!!玄米だっていってんだろ!?(笑)」


いやちょっとまて!

この展開は稼げるぞ?

「先天的な病気から玄米を麻薬と誤解されて精神的に傷を負った。以後外に一歩も出られなくなった。」

といって、二億円ぐらい賠償金を求めれば・・・・・

音楽よりも稼げる!!!


この粉は奇跡の魔法の粉だ!!!!
よしいこう!!
これをもってさぁ歌舞伎町へ!!(笑)

スポンサーサイト
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2010/12/22 02:58 ] 健康 |
コメント 0 : トラックバック 0 |

2010年12月12日 日曜日/20:56:59/ No.206
超健康!玄米ジュースを作る

記事分類:健康
玄米ジュース一か月前、
急性アレルギーが発生して
ようやくある程度外見上は元に戻せたわけですが、
体調管理が甘かった自分を猛反省して体質バランスを元に戻しつつさらに強化しまくろうとそこらへんに徹底している中(食事バランス見直し・座禅・筋トレ(特に内臓の強化を意識して腹筋を重視)・呼吸の見直し・空手の一部の基本技の簡単な稽古など。当然ピアノやドラムも実家にいる時は叩いてリフレッシュ)、
だいぶ前に買って持っていた武術の本の中に載っていて気にはなっていたけど試してなかった「玄米ジュース」をこの機会に作って飲んでみようと思い立ち、
試してみました。


まず、とりあえず完成したものが、冒頭の写真です。
先に結論を述べておきますと、
最高です(身体への影響が)。
味は、おいしくもないしまずくもないです(笑)。
あまり味はしません。
もしライブハウスのドリンクバーで玄米ジュースが売られていても誰も買わないだろうなと思います(笑)。
まぁ、とりあえず、なんだかんだでイケます。
健康に意識がある人は試す価値ありです。
自然の恵みのありがたさや、「自分は地球の上で生きさせてもらっている」という感謝の気持ちもより改めてわいてきます。

玄米ジュース
まず、準備するものは、

■玄米(無農薬・発芽するもの)
■大豆(私は「きな粉」で対応しました)

これだけです。

現代では白米が主流ですが、玄米には栄養満点の胚芽があるので、
玄米食が健康によいという話はアレですが、
玄米は消化が悪くて重たく食べにくいというのが難点。
 そこで、武術の本に載ってた玄米ジュースなら摂りやすくてイイかも!?
と思って試した次第。

大さじ3杯の玄米をたっぷりの水に浸け、
夏なら2,3日、冬なら4,5日浸けて発芽させるみたいです。
発芽させるところがポイントで、それによって栄養価が最強マックスになるらしいです。

玄米ジュース
左が水につけて一日、右が二日経ったものです。
水は、一日に一回変えて、その際に軽く玄米も洗います。
夏は一日に二回水を取り換えるらしいです。
って仕事で家をあける場合だとどうすれば?(笑)

もうその時点で現代の人間の生きる営みのスタイルへの疑問が沸きますね、
自然なゆったりした生き方ができない事はやはり疑問です。
個人で発芽玄米を育てる事すら普通に難しい不自然な生活ってどうよと(笑)。
みんなで畑やりゃ就職がどうたら雇用がどうたら面倒な問題もないのにねぇ(笑)。
まぁグローバルな中での日本の国力とか政治的問題で経済社会や発展は避けて通れないのは解りますけども・・・・。
アトピー患者や喘息の子供が増えても車の排気ガスについて誰もマスコミも言わないのは日本が車の輸出で食ってるからでしょうし・・・・・・。
でもなんだかなぁ・・・・何か根本的な問題について考えるべき時代がきていると思ったりします。
極端にいえば、今の何もかもが表面だけの嘘ばかりでカネばかりの無茶苦茶な世の中の風向きが少しでも変わらなければいつか滅びるでしょう。

一般庶民は、営利主義・拝金主義の企業やら一部の西洋医学系の表面的な誤魔化しのようなプラス面や豊かさを豊かさだと勘違いしている提供者にゾロゾロとついていくのではなく、本当に人の事を真剣に考えてくれる人に着いてゆく・言葉に耳を傾けるべきだと思っています。
そういう意味では東洋的な医療・武術系の人間の考え方を私は尊敬しています(胡散臭い団体もありそうですが・・・笑)。

玄米ジュース
にしても、水に玄米を入れたら、さっそく気泡が!
呼吸している!!
なんか感動する。
あ、ちなみに、フタをしてしまうと玄米が呼吸をできないのフタは厳禁だそうです。
もしラップなどを被せる場合も穴をあけないといけないらしいです。

玄米ジュース
そしてそして!
今は冬なのでやはり時間がかかりましたが、
念願の!!
五日で発芽しました!!
これは感動!!
もうオカネとか就職とかどうでもいいぜ!!!(笑)
って気分になるぐらい、
「地球の恵みで人は生きてる」
みたいな感動がありますよ!!!
実際、この米一粒から、2000粒の米が生まれるらしいですね、
随分前のNHKの「アインシュタインの眼」とかいう番組で「田んぼ」についてやってた時にそんな事やってました。
一食分が4000粒らしいので、一粒から2000粒はすごいですね!
もうバカみたいに金魚の糞みたいに給料むしりとるためにカスみたいなキチガイ団体に属して就職なんてしなくてもいいですね(笑笑笑)
畑やろうぜ畑!!(笑)

玄米ジュース
さて、発芽したら、早速、
発芽玄米と大豆をミキサーで混ぜます。

私は黄な粉で対応しましたが、
生の大豆から作る場合は、
一晩水に浸した大豆を、
ジュースを作る直前に熱湯に泳がせてマメ臭さやアクを取るらしいです。
また、発芽玄米に関しても、とてもアクが強く解毒作用があまりにすごすぎて、
慣れないと目と鼻と口と後ろと前から紫色の液体がバンバン排出されるらしいので(大袈裟/笑)、
ジュースを作る前に発芽玄米を乾煎りしてアクをとるか、
ジュースを作った後で軽く火を通して暖かくしてアクをとるかするとよいらしいです。

玄米ジュース私は作った後で火を通してみました。
別に臭さとかもなく、まずいという感じではなく単に味があまりしなくて不思議な感じという感じでした。

ザバスなどのプロテインもわりと味が薄くて溶けにくい感じですが、
そういうのに慣れていれば普通に飲めます。
できれば噛みながら飲むほうがよいらしいです。


んで、
飲んでみた感じですが、
味については前述のとおりで、
あと、

なんとなく、重たいです(笑)。

たったコップ一杯(水はだいたい200ccぐらいにしました)なのに、
すごい満腹感(笑)。
なにこの重さ(笑)。
なるほど、
昔の人は麦ごはんとかだったと思うから、
おかずとか豪華になくても暮らしていけたんだろうなと思います。
感覚としては、このジュースと漬物とかが数粒あれば満足する感じ。

現代もみんなお金が無いお金が無いと言ってるわりに自分の生活水準は下げようとしないですよね(笑)、デカい何十万もするテレビだけは買う、そのくせ3000円の音楽アルバムが高いとかほざきやがる(音楽真剣にやってる人間をナメんなよ!笑)、そのくせ携帯も持ってネットも閲覧して、
ご飯もなんだかんだでいいもん食べて太ってダイエットがどうとか、
どんだけ贅沢なんだよと思うわけで(笑)。

玄米パワーおそるべし、まさかジュースを飲むだけで、
ここまで重たいとは(笑)。
ちなみに直後に超健康的なウンコ様がお通りになられました。
下痢などはしなかったので、内臓はある程度健康でいてくれていると思われます。

内臓の健康度など、人によっては、
玄米がもつアクによる解毒作用が強すぎて必要なミネラルや鉄まで下したり出来物ができるなどの可能性がないわけではないとの事で、
心配な場合は量を減らすか、前述のようにジュースを作る前に乾煎りして火を通すか、作った後に火を通すかして慣らしていけばよいらしいです。
内臓にとっても冷たいより暖かい方がよいと思うので、ジュースができた後に火を通すのがよいと存じます。

この玄米ジュースを知るきっかけは武術の雑誌の総集編みたいな本の中に載ってた肥田式強健術のコーナーによるもので、
その考え方によると、
「生食」生で食す、
「全食」丸ごと食す、
「少食」過剰に摂取しない、
の三つが重要らしく、
玄米ジュースはまさにその全てをもちあわせた究極のメニューだとか。

確かに、自然のままのものをいただくというのは、
単に栄養面だけの問題でなく、
人間が人間として自然と共に生きる営みという観点からも、
とても「生きる」という事を感じる事ができてよいと思います。
お金持ちで毎食外食やシェフを雇うのも結構ですが、
いくらお金があろうとも、
本当の意味での「生きる力・生活力」を、
私はこれから養っていきたいと思う次第であります。
生きる力はお金を稼ぐ力ではないと思います。
お金を下手に持ちすぎて自分の実力や生命力とそれを勘違いするのが一番嫌ですね私は。
お給料というものは人間を堕落させる麻薬だと感じました。




そんな感じで、是非、習慣化したい玄米ジュースですが、
私は最近、実家や事務所や17人の愛人の家をよく行き来するため(一部完全なフィクション含む)、
発芽するまで数日かかるなどの問題で、
この習慣をすべての空間で継続するのは非常に大変そうで、
ちょっと考え中ですが・・・・。
どうしても難しい場合は、
大豆(きな粉)だけでも常備して、
大豆を水に溶いて飲むだけでもかなり身体にはいいのではないかと思ったりしています。
余計な怪しいもんを高いカネだして食べるぐらいならそのほうが経済的にもよさそうですし(笑)。
玄米もかなりの量で750円とかで売ってますしね。
やはり人間、経済社会で色んな事が麻痺したり忘れたりしがちですが、
極力自然にさからわない生き方がよいと思います・・・・・。

とにかく、身体と向き合い、自然に逆らわないことが、
ここまで精神的にも心地のよいものだとは、本当に驚きです。
身体が自然に健康であれば心は勝手に健康になりますね。



ただ、経済問題や仕事がそれの全てをぶっ壊すんですが・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2010/12/12 20:56 ] 健康 |
コメント 1 : トラックバック 0 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。