| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > 激久にCDを買った・・・ホーム > つぶやき > 激久にCDを買った・・・

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2010年06月05日 土曜日/00:52:33/ No.101
激久にCDを買った・・・

記事分類:つぶやき
かなり激久にCDを買った。

軍艦マーチのすべて
永久保存盤 軍艦マーチのすべてという、なんともマニアックな一枚。

最近、精神的ストレスが半端なくて気分の波が異常でやってられない・気を抜くとすぐにネガティブになるので、
軍歌を聴いて士気を高めている(笑)。


それにしても、このCDは、かなり素晴らしく、そして面白い。
同じ曲ばっかり26トラックも続くのに全く飽きない。


特に面白いのが、
10,11トラックの海軍軍楽隊による初録音の音源や
21トラックの和田肇のピアノソロ、
26トラックの菊乃家によるチンドンによる演奏。

このあたりがかなり面白い。

初録音音源は、かなり古いのでノイズがすごい(笑)。

そして何より面白いのが、
この曲は現在は主にはヘ長調で演奏されているが、
元々は変ロ長調で演奏されていた。

11トラックで古い歌入り録音のものが聴けるが、
これが変ロ長調だ。

んで、
この調では男が歌うには音が高すぎるのだ。

高すぎるのに無理に歌っていて、

「皇國(みくに)の四方(よも)を守るべし」

の部分が、

ファーーソシーソーファーーソファーレードファドファシ
(シは♭)

の部分で、「みくにの」のあたりが、
かなり歌うのが音が高くて苦しそうで、
半分みんな叫んでる(笑)。

これがかなり面白い(笑)。

やはり、これはアレだということなのか、
後に、ト長調に移調され、それがさらにヘ長調に移調し、現在に至っているようである。
このあたりがなかなか面白い。
オリジナルの調性で音が高くて
苦しそうに歌っている音源が残っているというのがなかなか素晴らしい(笑)

そして和田肇のピアノソロ。
どんな人かは知らないが、
かなりブッ飛んでいる。

正直、まぁ編曲のレベルはたいしたこともないし、左手の伴奏もかなり単純で、
原曲ではベースラインが動くようなところでひたすら同じパワーコードをガンガン連打してイッちゃってたり(笑)、
全体的にハシリまくっていて(笑)、
ピアニストとしてはどうかという感じで下手糞だと思うのだが(笑)、
なんというか、勢いが素晴らしい(笑)。

楽しそうに弾いているなぁというのが伝わってくる。
聴いた曲を自由に耳コピしてピアノを弾くのが得意なような人が、
好き放題に遊び感覚でノリノリで勝手に弾いてるっていう雰囲気で、
それが音源になって残っているというのがなかなか乙なものだ(笑)。

感じとしては私がYouTubeにアップしている勇気100%ピアノソロ演奏とか、今は動画消したけどゲーム音楽のピアノ演奏をアップしてた時のような感じで自由に楽しく遊んで好き放題にゴキゲンに弾いてる感じ。

他にも、チンドン屋バージョンが聴けたり、
とにかく、このアルバムは、なかなか面白い。


これはまさに、丁度、
私の未完成組曲の概念を提唱している意図そのものだ。

「曲」というものがまずそこにある。
特定のバンドや特定の人間にブランドを置くのではないからこそ、
色んな人が曲を自由に好きなようにそれぞれの感性で奏でて、その芸術の可能性や楽しみが広がる、それこそが音楽だ。

ところで、

今このような形で色んなバージョンの軍艦行進曲が聴けるが、
しかしながら、ブックレットの説明をよく読んでいると、。

これがまたナカナカ面白い話が載っていた。
ちょっと一部ブックレットから文章を引用させていただくが、

●ドイツ式「軍艦」について
明治44年(1911年)6月のイギリス国王ジョージ五世の載冠式には、
第二艦隊の「鞍馬」と「利根」が派遣された。
この時の軍楽隊長は瀬戸口藤吉で、初めて管弦楽演奏もできる編成で参加した。
 ヨーロッパ滞在中にドイツを訪問する機会を得た瀬戸口楽長は、ドイツ海軍軍隊長と思われるハッセンマンに行進曲「軍艦」の楽譜を見せたところ、キールからマルセイユにドイツ式に書きなおされた「軍艦」のスコアが送られてきた。瀬戸口楽長にしては当然面白くないので、この楽譜は瀬戸口家に秘蔵されたまま、一度も演奏されることがなかった。
 この演奏は平成6年1月23日に海上自衛隊東京音楽隊の第33回定期演奏会の際に、この楽譜の発掘者自身の指揮で、編曲以来83年ぶりに初演された時のものである。



つまり、なんというか、やっぱ、
アーティストってバカだなと思うわけよ(笑)。
やっぱり自分の曲を勝手に人に変えられたりするのって気に食わないのかなって(笑)。
うーん、楽長、器ちっせー(笑)。自分の曲の他人の編曲スコアを家に隠すとは(笑)。
だから、結局、ドイツ式は83年も「埋もれてた」わけよね。

芸術が、作者が死ぬと盛り上がるのってそれだよね、まさに(笑)。
著作権料を払いたくないとかいう事も当然あるだろうけど、
何より、創作者本人が曲を解放せずに自分のものにしたがるわけよ。
作詞家も勝手に人に歌詞変えられたり、勝手に語りを追加したら怒るわけじゃん?
バカだね、勘違いもいい加減にしたほうがいいね。

だから音楽業界ってダメなんだよなぁ。
芸術家がまずバカで精神的に大した人物がいない。

自分の曲に人がなんらかの関心を示してくれる事はとてもありがたい事で、
それで多少勝手に内容を変えられようが、
だからといって別にオリジナルが消えるわけでもあるまいし、
単純に、なんか自分のプライドとかどうでもいいこだわりとかいう部分でしょう。

だから、芸術家が死んだほうが芸術が後で生きてきたり広がったりするんだよね(笑)。

私はそれを、
私が死なない状態でみんなに解放したいわけですよ。
本人が生きてるとできない事は本人が死なないとできない、
それって勿体なくないだろうか?
まぁ瀬戸口さんは、秘蔵してただけまだマシだけどさ(笑)。
タチの悪い奴なら、
自分にとって面白くない物は焼捨てて闇に葬ったりする場合もあると思うよ?(笑)

とにかく、
これって音楽業界に限らないと思うんですよね。
なんか、どうでもいい事で大事な事が犠牲になったり勿体ない事になってる事って世の中に山とあると思う。
どうせ人間社会は、どうでもいい個々の都合やプライドと嫉妬で歪んでねじまげられた世界。
自分の立場の確保、あるいはプライドを保つために、
素晴らしいものを埋もれされる・闇に葬る・都合悪いものを潰す、
そうやって、色んなものが隠れていて、
 例えばスゴイ究極の医療薬品があるかも知れないのにそれがあると立場を失う人間がいるからそれを生みだした人は暗殺されているとか発明されなかった事にされてるかも知れないとかね。

そういうのってどうなのかなと。
音楽もそういうのですごく勿体ない「埋もれた価値・可能性」が山とあると思う。
だから私は未完成組曲をメジャー化させて世に潜在的にある多数の問題を、音楽を超えた次元でささやかに問いたいのだ。私の目的は音楽ではない。
音楽で何かを動かしたいし、
大げさではなくて音楽は世の中を絶対に動かせる。
多分私はだから音楽をなんだかんだぶつぶついいながらもまだやってるのだ。

私の未完成組曲を誰も理解しないとしたら、それは馬鹿だ。
もし売りこんだ出版社から返答がこなければ何度でも返事がくるまで送ってやる(笑)。
そもそも人の思いや情熱を無視するなどは論外なので嫌われる事はない、別によい返答でなくともいいと思うし、とにかく何らかの返答は欲しいし、それがくるまでしつこく送ったってそれは筋が通っているだろうし、多分ああいう内容を送って無視するとは思えない、それならカス企業という事になるから黒塗り街宣車で爆音軍歌流して不売運動でもしてやる(笑)、まぁ見逃している可能性がかなりあるので、とにかくリアクションを得れるまで送り続けてやる予定だ(笑)。
それぐらいしてでも、これを埋もれさせる出版社や諦めて転職する私はバカだと思っているし音楽業界なんてもう勝手に当然のように崩壊してみんな死んでしまえばいい(笑)。
ピアノ系の方も同様。
私の価値が解らない奴はバカ(笑)。

少々過激な考えを持たないとネガティブ思考で倒れてしまうのでこれぐらいじゃないと困る。

そのために軍歌が必要なのだ(笑)。

そもそも今私がやってる事はほとんど戦争と同じようなものなので丁度いい。
そうだ、真珠湾攻撃のように、明らかに勝ち目のない闘いを何かに対して挑んでいるようなものである。
こんなチンケな私が大企業に営業をしかけたって相手にされるかどうかも解らないが何かやらないと何も動かないのでやらないわけにはいかない、だから戦争と同じだ。



ちなみに、私のお気に入りのCDの一つが「春の海・六段 ― 箏の名曲」で、
まぁ、今回買った軍艦CDと、この箏のCDがあれば私は充分です(笑)。

自分がピアノやメタルドラムをやる人なのに、聴くのは軍歌と筝曲っていうのがまたなんとも(笑)。
まぁなんだかんだで自分はやっぱり日本人なんだろうなと(笑)。
まぁ私のバンド系やピアノ系のオリジナル曲や未完組曲でも、
どことなく日本調なフレーズはよく登場しますからねぇ。
やっぱり和風っていのはいいですよ。
 建造物なんかでも、洋風より断然和風がいいですし。

特に、自分の我が少しずつ離れていって、
色んなものを捨ててカラッポになってきたら、
捨てれば捨てるほど、
自分の中に和が残ってきたという感じがする。

これは、TAKAYAソロの3~6のアルバムから13エチュード鉄鍵律と、
創作品の流れを見れば歴然で、
横文字カブレしていた自分が徐々に時間とともに曲調も内容も和風化してきている事が面白い。

私が軍歌を聴いたり旭日旗の模様や料亭風の箏が好きなのは、
別に右翼とか極道とか関係ないですよ(笑)。
やっぱり日本文化っていいなぁって改めて思います。

戦争はよくありませんでしたが、
でも、
なんというか、
こういう軍歌を聴いていると、
少なくとも、
今よりは、日本国民が団結していたんだろうなぁという感じはします。
今は一個人一個人がみんなバラバラで、
なにもまとまりがなく、
そもそも国のトップが右だ左だとバラバラで足の引っ張り合い。
例え、当時日本がアメリカになんか勝てるわきゃなかったとしても、
みんなは勝てると信じて一致団結して何かを信じて生きていたし、
引っ張る方向が良かったか悪かったかは別としても、
トップはちゃんと国民をしっかり引っ張って皆が日本の為に一生懸命戦ったのだろう・・・。
そこらへんでは、
今の個人単位ですらバラバラの日本よりもマシな気がします。

なんか悲しいですね。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。