| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > サムライ衣装ホーム > 未分類 > サムライ衣装

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2010年06月24日 木曜日/01:50:37/ No.117
サムライ衣装

記事分類:未分類

TAKAYA 侍
主にピアノ演奏を収録するDVD-Video作品「玄SHIKI(仮題)」の創作・撮影のため、
侍の変装衣装を買った(笑)。

以前に東急ハンズ(心斎橋)の地下にコレがあるのを見つけて、まぁ面白そうだなぁとは思っていたけど特に買うほどでもないかと思っていたが、和風な雰囲気でビデオ作品を作ると決めた今回、これは買うしかないぞ、と(笑)。

さっそく着てみたが、うーむ、これは絵的にも面白いビデオが作れそうだ。
今回は、北野ブルーならぬTAKAYAグリーンといわれる緑がかった映像処理により浮世離れな雰囲気を出してみた(笑)。
赤みがかった色調も試したが、それもわりと古臭くて且つ新鮮な感じでいい感じになった。
 これから作るビデオ作品でも、このような色調の調整や彩度を落とすなどして浮世離れした雰囲気を出しても面白いかも知れない。
 そのくせピアノやドラムの音質は超クリアで今風なミックスっていうのも、なんか「遠い過去からの使者が現れた!」って感じがして面白いのではないだろうか(笑)。

侍晴れ姿侍晴れ姿(黒)
この侍の変装セットは、
着物、裃袴、刀、侍かつら、家紋シールがセットになっていて、
東急ハンズ心斎橋店では9,000円程度で売っていた。
まぁこんなもんかな。
昔ヴィジュアル系バンド所属時代に買った全身エナメル衣装やヨーロピアンコート、パンキッシュなパンツなどは、数万円したりしたが、
まぁそれに比べれば、とりあえず侍の恰好が手っ取り早くできてこの価格ならお得だろう。

ちなみに、小さい刀(全長54cm、刃渡り38cm)も付属しているが、
まぁこれはオマケですね、
見た感じは一応感じは出ているが、
刀を抜くと、
気が抜けるようなチャチい外見の刃渡りでした(笑)。

まぁ特にそこには力を入れるわけでもないので(笑)、
一応腰にさしておくだけで雰囲気は充分かなと(笑)。
まぁ将来的には本格的な刀(かなり見栄えのいい模型)を買って家に飾ったり振り回したりしたいですけどね(笑)。

あ、あと、カツラもついていて、
一応試しに被ってみたら、

ただのお笑いでした(笑)。

まぁ髪は今風のウルフ系で服装が裃袴でも充分絵にはなる感じなので、
ビデオ撮影は記事冒頭の写真の感じでいこうかなと。


んで、こういうものを着たことがなかった私ですが、
まず、
着にくい(笑)
というか着方が解らない(笑)。
ので、まぁテキトーに着てみましたと(笑)。

まぁ昔のバンド時代の衣装も、

「これってどう着るの??」

みたいなのを持っていたので、
まぁそういうのは慣れてますよ(笑)。
ヴィジュアルバンド所属の経験も、
なかなかよかったなと改めて思います(笑)。
おかげで必要となれば化粧もある程度自分でできますし(笑)。
(今回の侍衣装の写真は別に化粧も何もしてませんが)
必要となる時なんてないとも思いますが(笑)。


さて、なんとか着れたはいいとして、
次に思ったのは、

「これでドラムやピアノを演奏できるのか??」

という疑問(笑)。

まず、袴が固くて動きにくい(笑)。

試しにドラムセットに座ってペダルを踏む動作を確認してみたが、
まぁやろうと思えばいけるだろう。
今回作るビデオでは、主にはピアノで、
ドラムは何曲かしか叩かない予定だから、
まぁなんとか頑張るしかないでしょう。

まぁ灼熱野外ライブで全身エナメルのゴキブリ衣装でドラム叩いて暴れてライブ終わってから熱射病みたいな感じで死にかけた事もありますからね(笑)、まぁなんとかなりますよ(笑)。
機能性よりヴィジュアル重視というのは慣れています(笑)。

んで、この裃袴の、肩が邪魔なのなんの(笑)。

狭い空間をこれでウロウロすると肩がぶつかる(笑)。

昔の人はよくこんな恰好でウロウロしてたなと感心します(笑)。

この恰好で狭い通路を通ったり階段を上り下りしたり、
かなり無理がありますね(笑)。

ちょっとこの恰好で実家の階段を上り下り、廊下をウロウロしてたら、
とにかく裃の肩の部分が壁にぶつかる(笑)。これは邪魔だ(笑)。
なるほど、この恰好を侍がして城などに入っても悪い事はできなさそうだな。

こういう服を着ると、
身体の動作が全体的に必然的にゆっくりになります。
あと袴も固いので、
あまりむやみに足を大きく動かす事もやりにくいですね。
そこへ重たい刀を腰にさして歩くとなると、
そりゃ身体の重心バランスとかきっちり鍛えて、
すり足とかで中心線を意識して歩くとか、
もし緊急時でも「走る」というのは難しかったでしょうね。

昔の時代だからこその時間の流れや身体のこなしの特徴があったんだろうなと思いますし、そういうのを自分が侍の恰好を真似してみるだけで感じる事ができるのは楽しい。

まぁ服装が動きにくい分、余計にビデオ撮影もやりにくくて面倒くさそうですが(笑)、
まぁ映像的には面白いものができるだろうし、まぁボチボチ作っていきたいですね。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2010/06/24 01:50 ] 未分類 |
コメント 0 : トラックバック 0 |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。