| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > 休憩タイムホーム > 未分類 > 休憩タイム

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2010年03月19日 金曜日/01:21:39/ No.14
休憩タイム

記事分類:未分類
さぁてと、
予定表を軽く作成して、
譜面浄書作業に突入。

あぁやっぱり譜面浄書すんげー嫌だわ(笑)

一年かけてフラットに戻して好調になった身体が数時間でズタズタに戻る感じ(笑)




とりあえず、鉄鍵律
鉄鍵律-第二番[幻武伝]」、あと「紫陽花」も少し改訂完了。

小さな鉄鍵律-第八番は曲の長さがかなり変化してるから、
改訂もしづらくて、今その作業やってるとこ・・・。
これはまいる・・・・

早く楽譜浄書の仕事ゾーンはさっさと終えたいところ。
浄書が終われば、次は曲集のページの再振り分けね。
それが終わったら音源単品販売のファイルの準備とか、
曲によっては再レコーディングとか。

でピアノDVDとか作るならその後か。

あぁそうだ、音源単品販売をするなら、
企画だけ挙げて途中で放置してたTAKAYAソロ7の数曲とかも
別にアルバム完成させなくても販売とかできるよね。
途中で制作放置したTAKAYAソロ7thアルバムの一部試聴ページ

お~懐かしい、こんなページあったなぁ(笑)
自分で設置してて忘れてたわ(笑)。

まぁ無駄に売るモノだけはたくさんあるんすよ、売る気がなくて放置してただけで(笑)。

ちなみに、多分おれは今後あまり新しいものを創作したりするつもりはないと思う。
お菓子でもラーメンでも何でも、
何かコレッていうのがあって、
メニューの数は少ないけどそれを徹底して売り続ける事やってる会社とか稀にあるじゃん。
 T.O.P-RECORDSは、それでいいと思うんだよね。
次々使い捨て音楽作り続けるより、
すでにあるものを大事にしてそれを長く売り続けて広げることに徹底すべきかなと。

まぁそれでも今の時点でかなり商品の数は無駄にたくさんあるけどね(笑)。

でもまぁ道楽事業できる資産家ならそういうのでもいいけど、そうでもないなら、
結局また転職とかせなあかん時は絶対来そうだけども・・・。
まぁあんまり考えるのは今やめてるけど。

まぁレコード会社もどっかの事務所や出版会社も、
今となって音楽業界も終わってるから、
結局誰も頼りにできないし搾取されるだけということで、
アーティストも起業感覚でやる時代だよね。

まぁ販促・流通の難しさは半端ないけど、
大手のレコード会社が超有名なアーティストのCD出版して
オリコンで100位台で400枚とか、末期だよね(笑)。

メジャーで出版して400枚とか、素人のレベル(笑)。
400枚って(笑)
明らかに経費回収できてないよね??
音楽業界ってそこまで終わってたんだねぇ、驚き・・・。
だからこそ、これからは個人でどこまでやれるかってことに
アーティストは挑戦すべきだろうね。
まぁ何年も前から私はそういう事言って実際色々やってきたわけだけど・・・。
まぁ逆にチャンスだとは思うよ?
なんというか、祭り上げてメジャーから何か出して数百枚とか異常だよね。
趣向の分散もあるけど、やはり一般庶民もそこまでバカでもないという事も解って嬉しい気もするというか。
 だからこそ、本当に内容がともなっていないものは自然に沙汰される時代が
また来るかもね。
 祭り上げてるのに売れないってのは、そりゃ中身がないからでしょ?
いい加減、そういう商売のやり方をやめろって事ですね。
大事なことは何かを、大手企業のお上様はいまだに何も解ってないと。
それが通じなくなってるのに何も工夫したり改善しようとせずに、
過去の栄光の法則にしたがった商売のやり方しかしない音楽業界って
マジで怠慢極まりないし滅びて当然と思う。

ちなみに、その工夫や改善ってのは、価格を下げてデフレ化とかいう事では絶対ないのでお間違いなく。
なんで売れないからって価格下げる事しかできんのだ・・・?
自分の価値を自分で下げてどうする。
買わない奴は安くても買わないんだから、
金を出す系の人種と金を出さない系の人種、
両者に対する供給を並行すればいいわけで。

CDにこだわる必要もないし、
ダウンロードばかりに偏る必要もない。

出せる人には札束出させて、
出せない人からは小銭をとるのだ。

あるいは、あるものの価値が下がった時、
その価値観と対照的な価値観をもう一つ作って二極化する。
その距離を遠くしてはっきりとターゲットを絞り、
どちらからも支持されるような中途半端な事はせず、
吊り上げるものは吊り上げて安ものとは差別化する。

それによって、両方の価値が相互に高まる。

プロフェッショナルモデルと家庭用モデルみたいなもんで。

価値観を二つ用意して両方提供すればいいわけで。


CDというものだけが主流なら、
CDが売れなくなった時、
価格を下げるしかなくなるが、
CDと配信と二つの価値観があれば、
配信という主流があるからこそ、
CDが売れなくてもCDの価格は下げなくてもよくなるわけ。
だから、配信によってCDが売れないからといって
CDの価格を下げても何も意味はない。

つまり、CDの価値は配信という別の価値観の存在によってこそ、
価値が下がらないように支えられているともいえるだろう。

CDが売れなくても困るのはCDだけにこだわる売り手であって、
CDもデータも両方柔軟に用意できれば、
それぞれを最大の価値で売れる。

なので、レコード会社やアーティストはできれば、配信会社に委託して下手にマージン取られるより、
自分で配信システムを組むというのもあると思うが、
まぁ課金システム組むと準備に数百万、運転コストに月数百万はかかるそうだから、
まぁそれも大変っちゃ大変なのか(笑)。

まぁなんつーか、リターンを簡単にガッポリ得ようと大規模化するから苦労してるわけだよね今のニッポン(笑)
でデッカイ企業が中小零細企業をのみこんで個人事業主は全滅みたいなさ。

こりゃ~無理がありすぎるよね、全体的に。
で大企業が必死こいて価格限界まで下げて下げて、
そこまでしても最終的に伊勢丹とかどこかつぶれたんでしょう??
進む方向が根本からズレてるけど、でも多分それを解ってても
誰にも止められないみたいな??

困ったもんですなぁ。


大量生産に大量消費という流れに少しどの業界も無理がでてきた感じか?
シンプル化するにもすでに人が溢れていて雇用問題的に回帰はできず、
まったくこの先、経済はどうなってゆくのやらという感じである・・・。


でも考えても疲れるから、とりあえずシャワー浴びてきます(笑)





→関連旧ブログ過去記事「finale2008プチ講座
finale2008の便利な操作(覚え書き)

人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2010/03/19 01:21 ] 未分類 |
コメント 0 : トラックバック 0 |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。