| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > 連日徹夜、徹昼。このままではダヴィンチ。ホーム > くろしきレコード関連 > 連日徹夜、徹昼。このままではダヴィンチ。

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2010年09月30日 木曜日/00:36:06/ No.173
連日徹夜、徹昼。このままではダヴィンチ。

記事分類:くろしきレコード関連
連日徹夜、徹昼。

未完成組曲「真・輪音転生」のデータディスクの調整中。

んで!

 とりあえず、収録するmidiデータは、
WindowsのPC標準搭載の内蔵音源に完全対応する感じで全ての楽曲の打ち込みデータを細かく調整し終えた。
 それから、XGに適したmidiデータも、普通にXGシステム対応のデータだけじゃなくて、
MU2000に完全対応できるように、
syxファイルも収録した。

MU2000
(MU2000)

とりあえず、midiデータをMU2000とPC内蔵音源で再生すると↓のようになります。

---------
↓mp3フラッシュプレイヤー
未完成組曲【真・輪音転生】
midiデータ試聴サンプル

作編曲・プログラミング:玄守鷹矢
---------


XGエディター
(XGエディター)

XGエディターsyxファイルについては、
曲ごとに設定しているインサーションエフェクトの配置や細かい値の設定、
各パートやドラムキットの音色の加工の細かい設定などを、
XGworksなどのXGエディターなどでsyxファイルを開いてあらゆるXGパラメータをMU2000などXG音源に送信して、
音源を曲ごとに完全に創作者の設定と同じ設定に簡単にできるというもの。




midiデータのセットアップ小節にシステムエクスクルーシブメッセージを入力するよりも、syxファイルから音源設定を一括送信し、
その後で、XGシステムオンが入力されてないmidiデータを再生するほうが、
自由に各々にデータを加工したりいじったりしやすいと思う。
 syxファイルからパラメータを送信できない場合でも、一応手動でエフェクトの設定などできるように、曲ごとにオリジナルな設定は記していますが、一括で送信したほうが楽でいいですね。
 これでMU2000には完全対応という事になりました。


あと、データディスクでmidiデータの内容や音色設定についてなどを解説しているページ内に、
おまけのコーナーを収録して、
打ち込みドラムの音づくりについてちょっとした技を載せました。
 まぁ知ってる人にはどうでもいいことでしょうけど。
 まぁあまり知らないような人が見たら結構面白いんじゃないかと思います。

MU2000の初期設定のドラムキットをいじったり色々工夫して、
より、迫力のあるドラムにするかというもので、
最初の状態から、それがパワーアップしていく過程をわかりやすく解説しています。

---------
↓mp3フラッシュプレイヤー
ドラムエディット

テキトーリフ、プログラミング:玄守鷹矢
---------

このように、
初期設定のドラムをいじると、
MU2000だけの設定や工夫で、
外部のエフェクトなどを用いなくても空気感のあるドラムパートが打ち込めます。
リバーブなどもほとんどかけずに、こういう表現をしています。
未完組曲のそれぞれの曲のMU2000完全対応のsyxと組み合わせてのXG用のmidiデータでも、このようなドラムエディットを打ち込みでありながらもある程度クオリティが上がるようにしています。


データディスクに収録する内容はだいたい揃ったので、
あとは最終調整ですね・・・・
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。