| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > バーンドアウトホーム > つぶやき > バーンドアウト

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2010年10月06日 水曜日/01:16:43/ No.177
バーンドアウト

記事分類:つぶやき

さて、未完成組曲【真・輪音転生】第壱巻の販売開始に伴って、
ツーバスドラムサイトのトップページや、DTMに関連して、
DTM講座1「ドラムの打ち込み」DTM講座2「ゲーム系音楽打ち込み」
などのページも、一応、軽く宣伝スペースなど更新。

DTM講座とか、かなり昔に作ったページだけど、こういうページは時代が進んでも色褪せませんね。
 何年も前の自分が作ったページは文章の感じも微妙に違っていて懐かしい(笑)。
テキストの改行が今と比べて少なくて読み辛かったので、ページ更新のついでに軽くそこらへんを修正しておいた。

そういえば、DTMといえば、例えばYAMAHAのMU2000というXG音源モジュールよりもすごいDTM音源ってあれからYAMAHAでは出てない気がします。
 世の中がDTMからDAW(ニューヨークの株ではなくw)に移行したことで、midi関連はそっち系を取り扱う企業は明らかにある時期で勢いが止まってますよね。
 しかし、時代というのは、10代の人が20代になった時、10代以下だった人がまた新しく10代になって繋がっているわけで(まぁ当たり前ですが/笑)、
いつの時代も新しいとか古いとか関係ないものってありますよね。

ある人にとって古くなったものが、
次の世代にとってはそれが新しい。

そういえば、昔バンド活動をしていた頃、
ライブハウスのスタッフに、
「古い(あるいは懐かしい)」
と言われた事があった。

しかし、それはある意味、
こっちの方が時代の風を読んでたのではないか?

散々個性だ個性だとぬかしときながら、
今、時代は古いものを引っ張り出してるだけじゃないか、バカバカしい(笑)。
それなら、あの時のおれ達は先を行ってたという事になる。

そして、今あの時の音を私がソロで未完組曲にした。

時代の風とは相性が絶対にいいはずだ。
ただ、「単に古いものを無難に収益上げる為に引っ張り出してるだけ」の流れが腑に落ちない。
引っ張り出すだけじゃ時代は輝かない。

新しい方向といえば、
K-POPだのアイドル路線だの、
どうも時代の流れがつまらない。

特におれの大嫌いな某レコード会社なんて、
また眠たい路線に走ってるのでいい加減にしてほしい。そしてそういうロクでもない方向に音楽文化を低下させるような事する大手企業がクソ邪魔(笑)。

あーもう完全に大手企業には期待できないから、
売り込みすらできない。
だからといって一人では絶対に限界がある。
誰を頼ればいいんだろう・・・・・
うーん、無いな。
少なくとも大手とかそういうのは絶対期待してないし船に乗せてもらおうとか100%考えてないし、無理だろう。
誰か、熱い社長おらんか!!!(笑)
熱い若手おらんか!!!(笑)
なんか全体的に何かがつまらないこの時代、
なんか半分勘違いでもいいから本気で、
「時代はオレが動かしていく!」
みたいな輝いてる人っていないもんかねぇ・・・
困ったもんだ。
そういう人が「ポツンポツンと」別の場所で個人でいてもダメなのよね、私みたいに。
絶対に一人じゃ何もできないから。
でも信用とかも収縮してる現代。
そこで何かをドーンとイッたらな時代は何も変わらないわけよ。
つまらん既得権益ジジイどもをドーンとやって風を変えたらんとあかんわけよ!(笑)

あぁぁぁぁ難しいなぁ・・・・・・・・・・・
どうすりゃええんかのーーー・・・・・・・・・
つまらんのーーー・・・・・・・・・・・

まぁとにかく、古いとか新しいとかどうでもいいけど、
古くてかつ新しいものが必要かなとずっと思ってて。

あるようでなくて、なさそうであるような気がするようなもの。
で、そのバランス感覚を自分が持ち合わせている自信もあるわけで。

少なくとも、私は、「1円の壁」とかいうものは、もう既に破っているわけだから、
ゼロを1円にできたらもう何億でもいけると思うわけよ(笑)。
 世の中でかなりどうでもいい音楽を売り物に自力で稼ぐ事にある程度小さく成功できてるなら自信は持っていいと思うわけ。
後は数字を現実的なものにしたいよね・・・。
まぁ「年商五億の壁」とかもあるらしいですけどね。
えー、なんですかその壁、当たってみてーそんな壁(笑)。
壁に当たってもそのままでいいわ、五億で充分だわ越えなくても(笑)、何を贅沢言ってんだ(笑)。
まぁ従業員が多ければ五億じゃ不安だろうけども。

古い新しいに戻りますけど、
私は今はDTMやツーバスドラムに燃えていたのは昔の話ですが、
今、それに本気で燃えている人はいくらでもいるわけで、
いくら時代がDAWになっても、打ち込み音楽やmidiは廃れる事はないです。
特にオーディオという音のデータとmidiという音のデータは根本的に質の違うものなので、
midiは絶対に無くならないでしょう。

 だからこそ、未完成組曲でもカラオケだけでなくmidiも収録しているわけですね。
midiだからこそ加工もできるし、「曲の中身を『覗ける』」わけで。
オーディオデータは、それが一つの形に固定されてるものですから、
midiの価値や存在意義はいつまでも絶対に下がりません。


そういえば、少し前の話ですが、時代の流れといえば、
だいぶ昔に一時期利用していた、インフォシークのiswebライトの無料サーバースペース提供事業が終わったみたいですね、なんだか寂しいものです。
 CGIが使えるサーバーは当時珍しく、バンドのページの掲示板でペタペタボード掲示板などを設置していた時代が懐かしいです。

 いくらブログやツイッター、動画が主流になっても、
やっぱり本来の「ホームページ」っていう形でコンテンツを提供するのは色褪せないと思うのですが、資金的にアレだったんでしょうかね・・・、広告収入が見込めないと無料サーバースペース提供事業のビジネスモデルは成り立たないはずなので、まぁ「一般人の」ネット利用・発信の主流がブログやツイッターになると、従来の「ホームページ」のスペースの需要は下がって広告主も離れて事業の継続が困難になったという事なのでしょうか??
うーん、なんだか寂しい。




ところで、ビジネスモデルといえば、
音楽ほどやりにくいものもないと思うわけだが、
その決定的なものに「リピート性」というものがある。
ライブ以外はない。
また、ライブ自体が儲けを目的とするものではないし儲かるものではない。

そこで、例えば、誰でも思いつくだろうが、
音楽というスキルをサービス化する事に、
「音楽屋」がある。

作曲、編曲、音素材、
そのようなものを大手が回す規模とは別の規模の中の民間の中での需要に応えるというもの。

しかし!

何故私はそういうのをやらないかというと、
現実味がまるでないからである。

例えば美容室だと、
サービスをするのに数時間かかり、
それに対する対価が数千円~数万円である。

スタッフを一人雇うと人件費もかかり、
月に70万以上は売り上げるべきである。
月に70万以上売り上げる状態がどういう状態かといえば、
例えば、カットとカラーでだいたい1万円ぐらいだと仮定すると、
カットとカラーをしにくる客が月に70人ということになる。
単純計算でいけば、
毎日、客が2人来るという感じだろうか。
実質平日は少ないだろうから、土日に5人以上来ないと多分困るだろう、
それで売り上げがスタッフ一人雇うのにぎりぎり稼げるという感じだと思う。

なんとなく、いけそうな、難しそうな、である。

さて、それに比べて「音楽屋さん」。


話にならない。
んなもん、まともな人はそんな事業で食おうとはしない(笑)。


まず作編曲の相場がどんなもんか知ったこっちゃないが、
有名でもない限り、
1万円でも厳しいと思うわけだ。
というかそもそもそんな需要がないと思うわけだ(笑)。

黙って既存曲使ってJASRACに印税払うかクラシックでも使った方が早い(笑)。
無名な作編曲家なんて存在価値が無いに等しい(笑)。
私なんかもゴミ同然だろう(笑)。

んで!
百歩譲って、何か民間的な範囲で作編曲の需要が奇跡的にあるとして、
しかも、それに対して対価が1万円支払われたとしよう。
この仮定自体もう幻想なのだが、
この幻想が叶ったところで自殺するしかない現実しかない事をシミュレートしてみようではないか(笑)。


まず、普通にバイトすれば1日に6,000円から一万~二万程度稼げるわけだが、
逆にいえば、最低でも一日にそれぐらい稼げないと話にならないとも言える。

んで、仮に、なんらかの単発の作編曲に対して、それの対価が一万だとする、そしてその一万すら不可能っぽいに決まってるとなると、
例えばそれを仕上げるのにどれぐらいかかるかという話になる。

かなりパパーッと曲を作る事ができる私でも、
まぁ内容によるが、まぁ数時間や一日でできる曲なんてまぁ少ないだろう。
一分間のループ音源を10曲作れ、とかだと多分一日詰め込めば、
打ち込みからレコーディングまで一気に数日でできそうではある。

だが、それで仮に対価が一万だったとすると、もう話にならない。
普通は一日で一万にならないとまともにはやってけないわけだ。
 しかもそれが毎日続いて、である。

つまり、そんな事は絶対に100%無理である(笑)。
ギャンブルでもしないとやってけないだろう(笑)。

つまり、サービスが完了・対価が支払われるまでに時間がかかり、しかもその対価が低い、
というのが音楽の特徴だろう(笑)、美容室とは比べ物にならない。
ラーメン屋はコストに比べて単価が異常に安い感じだが、
その代わり、人がお腹がすいてラーメンが食べたくなる確率は、
紙が数カ月かかって伸びてくる美容室よりも利用・回転率が高い。
その代わり売れなきゃすぐ自殺するしかなくなるはず(笑)。
売れても無いのに構えた店にチンピラでも来てショバ代までせびられた日には、
もうハンガーで首でも吊るしかないだろう。まぁ美容室でも同様だろうけれど。

逆に!

まぁ音楽なんかでもそうだろうけど、
じゃぁ!
妙に注文が殺到したら殺到したで困るわけだ。
サービスに時間がかかるものほど困る。
起業なんかの本を数年前に読んでた時もそういうの書いてあったけど、
「注文が殺到して事業失敗」
というのは意外とあると。
オーダーメイド系はそうなりやすいだろうね、
そこいくと音楽もそういう系だから、
殺到しようが閑古鳥が鳴こうがどっちにしても首つりコース(笑)。


まぁ色んな商売がある中で超ミラクル最高難易度の商売だと思うのが音楽である。
どう考えたって、99%は首つり自殺に繋がるのは目に見える(笑)。
絶対そんなのやるだけバカ(笑)、どこの資産家の息子だよと(笑)。
 資産家とまではいかなくとも、まぁそれに近いような道楽系になることは間違いない(笑)。
だからといって仮に奇跡的にトモコちゃんが貢いでくれたからって、
年に一度送られてくる税金払えコラーみたいな紙に、
「儲かってませんから払えません。生活?生活費?あぁ、ちょっとトモコちゃん家に。」
なんて書けたものでもなく(笑)、
社会的にみれば、「なにやってんのアンタ?(後ろ指)」
ということになるのが普通である。
というか事業家なんて流れに乗れなきゃ普通はみんな言わないだけでそうなるのが普通。
自分がやれば解る。
月に数十万という当たり前の「給料」がどんだけすごいか、サラリーマンが知ってるか知らないかは知らないが、とにかく、給料はマジでスゴイ、交通費が出るとかでないとか、そんな贅沢な事がよくいえるなと思うぐらい給料が当たり前に毎月出るのはすごい。
 サービス残業?はぁ?自営業なんて一か月連日徹夜したって普通は月に数十万も稼げるわけねーだろ(笑)。数万でも自信もっていいレベルだと思うけど。

まぁそこらへんいくと、私は、よくまぁこんな需要低そうなものをひっそりネットで売ってカネになってるなと思うわけだけど、
うーん、たりねーーーーー・・・・・・・(笑)
もっと増えないと・・・・・・・・・
そのうえ、確かにここ最近、「一円の壁」は高くなってきてるように思う。
数年前の方がもうちょっとよく売れた気がする、特に単価の高い商品。
最近は確かにそのへんが、どうも時代の風が変な感じ。
うーーーーーーーん・・・・・・・・・・・・・・

うーーーーーーーん・・・・・・・・・・・・・・

みんなさ、一回、縄文生活エンジョイしてみない?ねぇねぇ?(笑)
カネがどうとか疲れたでしょねぇねぇ?(笑)縄文ミンナでやらない?(笑)
仕事=火起こし(二時間)
とか、
ある意味オフィスワークより生き生きしそうだけど?(笑)

まき割りとかやりてーー(笑)。
今はスイッチで沸くお風呂。
昔はその火を起こすのが「仕事」だったんだもんなぁ。
川に洗濯とか。
なんか逆に汚れそう(笑)。

時代も変わりましたねぇ。

あーー地球!!
あーー人間たちよーー!!!
どうしちまった!?(笑)
どうしてこうなったーーーーーーーー!!!!!
返ってきてくれーーーーーーー!!!(笑)

こんなに物が豊かになったのに、
なんか猛烈に寂しいぜ(笑)

人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。