| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > [今]という場所ホーム > つぶやき > [今]という場所

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2010年10月12日 火曜日/07:04:15/ No.185
[今]という場所

記事分類:つぶやき
[名前をつけて保存]

安心感がある。

大切なデータは
[上書き保存]せずに別のフォルダに入れておけば安心感がある。

しかし人生に
[名前をつけて保存]
はできない、できても私はしない。

[上書き保存]は、
執着せずに前向きに前進し、フラットで身軽である。外向きは。


私は上書き保存ばかりしている。

しかしふと、
「あの時のファイル」
が恋しくなる。

「あのファイル」に[上書き]して別の内容に書き換えると「あのファイル」は亡霊となって己に取り付くのだ。

「あのファイル」に執着してはいけない。

しかし逃げるように[上書き]を繰り返すのは、
やはり執着を捨てるということ自体にまた別の意味で執着しているともいえる。


[名前をつけて保存]
をすればよいのだろう。

しかしどこかそれは未練がましく女々しくそしてオタク臭いのであまりしない。

あまりしないが、
やはり私は女々しい。

何事もなかったかのように[上書き保存]で凛と平然と未来に向かえるかといえば、
奥に潜む未練がましさは何も変わらないようにも思うのだ。
いやむしろ、
その葛藤から逃れられないからこそ、
二階へ上がった後に自らハシゴを蹴落として戻れないようにしている、それが[上書き保存]、それが弱さの正体だ、そしてそれが真実だ。

私は弱い。未練がましい。まったくもって呆れた女々しい奴だ。
だから[上書き]するのだ。
前向きなわなけではないのだ。怖いのだ。亡霊を消したいのだ。過去も今も未来も全部、殺してしまいたいのだ。

だから]上書き]するのだ。
削除はできない。
生まれた時の[新規作成ファイル]は、それ以上にファイル数が増えることも減ることもなくそこに上延々と[上書き]される。

しかし、
ファイル属性が
[隠しファイル]
になっているバックアップファイルがどこかにあるのだ。過去にはこだわらないと云いながら、そんなファイルを隠している。

あぁ、なんと女々しいのだ。まったく呆れた奴だ。


しかしそれが邪魔でも、または恋しくても、
そのファイルに今生の娑婆でアクセスすることはできないのだ。


私は思わず三次元を飛び出した。

それが恋しくて、そしてそれが憎らしくて。


無いのに有るのだ。

あぁ、亡霊が増えてゆく。

そして異次元の世界で、[今]を私は失った。

今というものが何処なのか、今の自分は今此処に本当に立っているのか。
私は今何処に立っているのか。
今の中に今の私がいない。私は今何処にもいない。


今を生きる

[上書き保存]は
今を生きるためにしていた。


生きるために[上書き]している。

しかし同時にそれが過去があっての上書きファイルである以上、
本当の[上書き]にはなり得ない。

捨てて上書きはできず、
捨てずして上書きもできない。

だからこそ

今を大切に、真剣に生きる。
捨てても後悔しないように。
捨てられなくてもそれが心の宝となるように。


しかし

[今]というものが
解らないのだ。

[今]とは何なのだ。

私は異次元に迷い込んだ。
[今]の中に自分が存在していないかのように錯覚し、
しかしそしてそれは
時空の狭間で浮いているような、だからこそ何処にでも行けるような気もするのだ。

しかし私は
何処にも行きたくはない、[今]へ行きたいのだ。

[今]へは何処に行けば辿り着けるのだろう。

私は[今]という場所に行きたい。

過去も未来も要らない。
私は[今]に行きたいのだ・・・・・・。 人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。