| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > 店舗など業務用BGM素材「ピアノ弦箏曲集【琴線】」ホーム > くろしきレコード関連 > 店舗など業務用BGM素材「ピアノ弦箏曲集【琴線】」

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2010年12月20日 月曜日/00:46:44/ No.208
店舗など業務用BGM素材「ピアノ弦箏曲集【琴線】」

記事分類:くろしきレコード関連
琴線 パッケージ
ピアノ弦箏曲集「琴線」試聴





ピアノ弦箏曲集「琴線」の販売を密かに開始しました。
→作品詳細ページ

詳細ページでもある通り、
通常版と業務用版と、
楽譜PDF付きのラインナップを用意しました。


業務用番は、
著作権フリーで、CDご購入のみで、
手続きや著作権料など必要なく自由にご利用いただけます。

業務用の用途としては、
店舗などでの和のくつろぎの演出としてのBGMなどに最適で、
和風飲食店旅館病院など福祉公共施設クラブ・バー和風雑貨陶芸店・結婚式場・・レストランうどん蕎麦米店温泉本屋さん、その他コンテンツ:映像作品各種イベントWEBサイトなどなど、
幅広い場面で何らかのささやかな社会貢献ができればとても嬉しいと思っています。

 これは古風な箏曲でありながらも、
音色はシンプルなピアノという一風変わったもので、
ピアノはピアノでも分厚い和音などをほとんど使っていないので、
くつろぎ空間での人々の会話や楽しみの邪魔にならずに、
そして且つ、ささやかにその場のくつろぎを演出・盛りたてる役割を果たすことができればと思っています。

 特に、箏の音色だと、高級志向・固い純和風のイメージがありますが、
ピアノの音色の普遍性によって、より幅広い場面でのニーズに応える事ができる可能性があると思います。
 高級志向でも、
柔らかい家庭的な志向でも、
どちらでも通じるものになっています。

私個人的に特に強く勧めたいのが、
福祉系施設などでしょうか。

そういえば私が昔に眼の手術を受けた時、
手術室やその手前の控室でゆるやかな音楽が鳴っていました。

このように医療の現場でも音楽は利用されていますし、
それによる心理的な効果も絶大なものです。

あとは、とある老人ホームを訪れた時に感じたことがあり、
とにかく音が何もなく、刺激もなく、
余計にボケるのではないかというような施設も存在しています。

何か少しでも音楽が流れていたりする方が、
心身共によいと思うわけですね。

車椅子で庭に出れば青い空や太陽の光、風の心地よさなどに触れる事ができますが、
私が見たことがある老人ホームでは、
相当に退屈そうな病棟の様子に驚きました。
私が施設に入ってもボケそうです(笑)。

病院に入院した事もありますが、ひたすら退屈だった事も記憶に残っています。
各々でウォークマンなどを聴いたりカード式のテレビで暇つぶしをするわけですが(笑)、
何かうっすらとでも邪魔にならない程度のBGMが廊下などで流れていてもよい気もします。

この作品の特筆すべき点は、とにかく、「邪魔にならない」事、
そして範囲を限定しないで利用できるピアノの音色で和の魅力を再認識できるところです。
いわば、「流れる水」のような存在の音楽とでもいいましょうか。

音楽として聴くというよりも、
不思議な事に、
この作品から聴こえてくるのはピアノの音色ではなくて「流れる水や風の音」
なのです。
白い壁に囲まれている部屋でも流れる水を「連想できる」ところが魅力です。
流れる水を実際に流すのではなく、流れる水が「連想できる」ような音楽であるからこそ、
そこに心の豊かさやくつろぎがあると思います。


なので、高級な料亭で箏が鳴っていると、
そこに集う人たちは、既に和が好きな人であると思いますが、
私は逆に、
和のよさ・わびさびの日本文化の美しさや本当の意味での豊かさというものを、
それを忘れかけている人に思いだしてもらう事に意味があると思っていて、
だからこそ、
ピアノの音色で和風な箏曲を奏でる事で、
硬派で高級な純和風な店舗以外の、
もっと幅広い場面でこそ、
何か利用していただけたら嬉しいなという思いがありますね。

明治維新・あるいは第二次世界大戦以後、
日本は大きく変わり、
欧米文化が流入してきて日本人はいつしか日本文化のよさを忘れ、
洋にかぶれて、
座布団は椅子になり、
着物は洋服になり、
健康面でも道徳面でも、
何かが変わってしまったように思います。
今では日本の会社が英語で会議などとクソみたいなことやってる勘違い企業もあるようです、
伝統芸能の誰かさんが酔っ払って事件を起こしてマスコミが無駄に騒ぎ立て、
益々日本の文化や伝統が遠ざかっていくような方向に世の中がなっている。

だが、グローバルになろうがなんだろうが、
ここは日本であり、私たちは日本人なのです。

衣も食も住も、
何もかも欧米化して、
何かよいことがあったでしょうか??

外来文化をうまく取り入れる事と、
洗脳されて何かを塗りつぶす事は別物です。

街を歩いていて、
住宅地を歩いていて、
店に入って、

「ここは日本か??」

と不思議な感覚になる時があります。

別に私が右翼であるわけではありませんが(笑)、
あまりに欧米文化に偏り過ぎていて日本人の遺伝子に合わない生活が浸透していることには強く疑問を感じています。

衣食住、特に服装の変化や椅子の存在も影響が大きいですね。

姿勢は悪くなり、
道徳は乱れ、
無駄に太って、
カネばかりに振り回されて、
家族の団らんも情緒失われ、
聖徳太子の頃から内面の充実こそが尊ばれてきた精神性は
いつしか外面ばかりになり、
一律平均化的な教育によって無駄な傷を生み、
西洋的医療によって薬漬けになる人々を生み、

一体、日本は何処に行ってしまったのでしょう?

なんだかとても寂しいですね。



と話が色々と飛びましたが、
この「ピアノ弦箏曲集【琴線】」が誰かの琴線に触れればそれ以上嬉しい事はないですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。