| 管理 |
/

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2010年12月31日 金曜日/06:52:53/ No.210
年末

記事分類:未分類
用事で実家に滞在する時などに、親の退職後の生活の様子などチラチラ横目で窺っていると何か違和感や疑問がここ数年感じてはいたが、私が大阪で一人で暮らしてた間に何か様子が微妙に変化していたその家庭的な潜在的問題を数年前から心に抱えていてずっと何かが気持ち悪かった。
年末になってそれが爆発して表に浮上するような事が起きた。


またこのパターンか、
つまらん奴だ。
この家庭はいっつもこうだ、昔っからバラバラでいつも何かの度にコイツは人を不愉快にさせて欝陶しい空気をバラまきやがる。
金や物質だけは何不自由ないが何かが足りない。

またこの突然キレて爆発して母親の計画を圧力阻止して以後無言になるパターンか(笑)テメエ何歳になっても成長しねーな(笑)。


最初はそう思ったのだが…

しかし、

ちょっとよーーーく考えた。
よーーーく言葉の端々に注意して考えた。
なぜそんなところでキレるのか、なぜそんな後ろ向きな言葉がでてくるのか、なぜそんな態度なのか、

なぜいつもこうなのか、
なぜいつもこうで、そして溝が広がっていくのか、なにか足りない、なにかおかしい。なんとかしたい。今回の騒動も実は黒幕は私で、ちょっとピアノや、床の間に仏壇を移動させたりして模様替えして、一日中ネットとテレビに依存してる親の健康を心配し、どこかここ最近の家庭の滞った変な雰囲気と風向きを変えるキッカケにしようと入れ知恵したのだが、何かまずかったですか?(笑)
ここに越してきた小5の時に和室の床の間を壊してピアノを置いた。
その時は仏壇がなかった。
何かそこが気掛かりで、
床の間を復活させて仏壇をここに配置して祖父様の形見ピアノを移動させたほうがスッキリしてよいのではと。
私は家相や信仰に興味はないが、西側設置東向き床の間は発展の相とあらば、私が何か不思議なぐらい発展しないことに苦悩してる事を考えると、このピアノ、床の間壊した場所に置いてるというのもなんか変な気がしてきたというのもある。
実際、何故か不思議とそこでピアノを弾く気がしないと10年前からボヤいていた。
なら移動すれば仏壇もピアノももっと喜ぶのではないかと。
空気も滞ってるし、何か変化をと思っての入れ知恵なのだが、なんかしらんがキレたらしい(笑)

父親は両親を若干憎んでいるっぽいのと仏壇も嫌いらしいが、しかしそういうのも含めての問題解決になるキッカケになるのではとの意図もあった。


にしても
この家系の呪いの要因はなんだ?


誰も悪くない。
でもみんな悪い。


人の気持ちは最終的には解らないものだが、
少なくとも、
自分がされて嫌な事はしない。
いや、これは模様替えの話ではない、もっと何か以前から蓄積したものが要因なのはだいたい解る。

自分がされて嫌な事はしない。
そう、してないつもりなのだ。

しかし人間とは愚かだ。

されて嫌な事・不愉快な言動を自分がずっとしていたとふと突然気づいた瞬間、誰にも見られていないが涙が止まらなくなった。
気づかなかった。
悪意はなかった。
本当に申し訳なかった…
私は相手の気持ちなんて何も考えていなかった。


何故だろう…


傷が連鎖したとしかいえない。
それは世代をも越えて。
複雑に色んな要素によって人は人を憎んだり嫌ったりする。
感情が暴走したり無意識な敵対心や忌み嫌うという裏にはたいていコンプレックスも関係するだろう。

それが連鎖したり後で違う形で返ってきたり無意識に仕返したりする。
私はここ数年、相手の気持ちも考えず不愉快な言葉を浴びせたりそういう空気を漂わせていたのだろう。
しかしその原因は時を遡り、かつて私がものすごく孤独で苦しかった頃、その気持ちなどまったく理解してくれずに無神経な事を言われた事からの相手への嫌悪感から無意識にそういう連鎖的な繋がりがあるように思う。
一旦そうなると相手のすることなすことすべてに対して否定的になる傾向が人間にはある。

しかし父親が自分の親に抱いていたであろう感情が、そのまま世代を越えて私にも伝染している恐ろしさを感じた。
ここで私も同じような事を繰り返してはいけない、そんなのは愚かだとハッとした。

人を憎んでも何も生まれない。
いや、でも何か違う。
憎いんじゃないんだ、
嫌いなわけじゃないんだ、
むしろ、
相手の事を考えているはずだったんだ。
だから気持ち悪いのだ、自分の心が。
1番憎いのは自分の愚かさだ。


それがなぜ、
不愉快な言動で相手を遠ざけるようなことをしてしまうのか。

無意識

これが1番恐い。

いじめとかもそうなのだろうと思う。

家族となると話の次元は違うが、自分がここ数年ぐらいからこんな年齢になって片方の親についてこんな汚れた感情がわくとは自分でも驚きで戸惑いがあったのだ。
愛憎半ばとはこういうことなのだろうか、男女関係のいざこざ患いともまた違う、もっと深く苦しく気持ち悪い感覚、この正体は何なのか。

何故なのか、
いつからなのか、
根本要因は何なのか、
全くわからない、
だけど、
誰も悪くないし、
でも、みんな悪いと思うのだ…

連鎖する傷を
途中で誰かが冷静に何かに気づき、それを食い止める、己を省みる・改め浄化する、
それができないことは、
仮にお金が一円もないことよりも乏しく不幸である。

ここで私は何か重大な問題に気づけた事、そのきっかけとなる出来事が起こった事に感謝したい。


何かに気づき自分の隠れた罪に気づき、
何かホッとした。

本当に私は愚かだったと思う。
これからだ。

親には幸せな老後を送ってほしい、ずっと元気でいてほしい、そして私もいちはやく大出世して新たな家庭を築いて繋げていきたい。


そんなことを思いながら年は暮れていきます…

年末は何か本当に大切な事を改めて認識する機会に色々恵まれ、感謝です。

ありがとうございました。 人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2010/12/31 06:52 ] 未分類 |
コメント 0 : トラックバック 0 |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。