| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > 我よ豚になれ、豚よ我になれ。ホーム > 未分類 > 我よ豚になれ、豚よ我になれ。

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2011年01月14日 金曜日/04:52:08/ No.214
我よ豚になれ、豚よ我になれ。

記事分類:未分類
先週からエネーチケー教育テレビの「こだわり人物伝」で宮沢賢治をやっているが、自分の思想や死生感と共感できる部分があって面白い。

それにしても彼は高校時代に授業中に突然法華経となえだしたとか頭イッてるな(笑)授業聞きなはれ(笑)

ところで「注文の多い料理店」は有名だが、単純に不気味な楽しい話として子供時代に映像で見たことがあるが、今思えば、実はかなり深い作品だ。

私の解釈では、
自分が謎の店に迷い込んで料理されて食べられるというのは、
自分が日頃、肉や魚を食べている事の逆であり、
それは単にカロリーや栄養という物理的なエネルギーや形ある命の死や生を越えたレベルでの営みや宇宙的な思想がそこにあり、
食べるということは、そして特に命あるものを殺して戴くということが本当にはどういう事かを考えるキッカケとなる。
もちろん命あるものといっても命なきものなどないという事にも気づく(米も草も石も山も空も)。

腹を満たすだけが食べることではなく、
エネルギーをいただく、カロリーではなく、本当のエネルギー、魂とでもいいますか。

そしてそれは、
命を燃やすという生き方、真剣に生きるという事を意味するように思う。
人間は食物連鎖の中で他の生き物に食べられる事もないしカネさえ稼げば生きられる食べていける、しかしこれまで私も散々書いてきたが、カネさえ稼ぎゃ~何してもいいとか何でもできるとかそれで安泰で満足して他人に愛なり一銭のカネや優しさを分けもしないとか家族を愛するのに他人を傷つけるとか、そういう人間の社会や庶民の精神の薄さに強い違和感がある。就活で狭い枠に入るので必死に100社も股掛け応募するような光景も正直バカらしい。自分さえよければよいのか。
しかし、すべては返ってくる。すべては相互に影響し、時空を越えて跳ね返ってくる。だから自分視点で生きることはバカげている。

食べる事を考えるとき、逆に食べられる豚を考えて自分をそれにあてはめてみると、
つまり、生きる事や死ぬ事は、「時空を超えて魂を燃やす」ことだと結論づけることができるであろう。
自分が食べられてしまう、つまり死ぬ時、それで終わりではないような生き方が、魂に火をつけるということがいえるだろうし、死ぬ事は生きる事だと思う。
だから真剣に生きる。
死んで終わらない生き方をする、命を燃やす、繋げていく、それが宇宙の摂理だと思う。

私に食べられた豚は死んだのではない、私は豚になり、豚は私になるのだ、この興奮は何にも例えがたきものだ。

世を見渡せばダイエットで脂肪燃焼、カロリーゼロのスイーツ。
冗談・平和ボケもほどほどにしていただきたいものである。

これだからカネしか追い掛けない社会は救いようがない。

本当に大切なものに気づかない現代社会は、いずれ近く必ず滅ぶか大きく揺らぐに違いない。

しばらく立ち止まって皆が真剣に色んな事を、日本の未来を、世界の未来を考える必要があるように思う。


私は最近ブログをあまり更新していない。しかし面倒なわけでもないし何もしていないわけでもない。
私は今、語るのを辞める時期だと思っているのだ。
流れる風を感じながら、じっとただ、黙っているべき時だと思っているのだ。
ここ十年、世は虎のように落ち着きがなく、そして混沌とし気づけばガラクタだらけになった。
せわしない虎は弱い。
これからは龍の時代が来る。
静かに、そして引き算の豊かさ、そしてなによりも芸術・音楽が、これからこそ、それが不可欠だ。
そしてそこには、
魂に火がついていなければならない。

今の日本に魂に火がついていない、まるで幽霊が街をさ迷っているかのようだ。
外側の飾りじゃない。
そんなものは何の足しにもならないしすべてを破滅へ向かわせてるだけだ。
必要なのはすべての命の魂の連携だ。
そのために、
皆が命を燃やし、また、あらゆる自然の恵みや命に感謝し、その魂と共に生き、宇宙すべての魂を一体化させて振動させなければいけない。
自分が就職できて安泰さえすればいいというような薄さで不況は乗り越えられないだろう。
今私達若者が真剣に魂を燃やさなければ、それは次世代に悪影響が及ぶ、解りやすくいうなら、
自分が安泰に落ち着き平和な老後を過ごしているようになった時、突然見知らぬ宅配便の若者がナイフで襲ってきて殺されることになるだろう。
必ず、すべては繋がっていて返ってくる、だから真剣に生きる、だから死んで終わりではなくて、死んだ時に、それが生きてくるような生き方をするべきなのだ。

今の日本に足りないのは、そういう精神だ!! 人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2011/01/14 04:52 ] 未分類 |
コメント 0 : トラックバック 0 |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。