| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > メタルピアニズム練習曲集 演奏会用第四番「最期之怪廊」楽譜付き試聴ホーム > ムービー > メタルピアニズム練習曲集 演奏会用第四番「最期之怪廊」楽譜付き試聴

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2011年02月22日 火曜日/00:39:27/ No.224
メタルピアニズム練習曲集 演奏会用第四番「最期之怪廊」楽譜付き試聴

記事分類:ムービー

演奏会用鉄鍵律第四番「最期之怪廊」楽譜付き試聴(YouTube)

メタルピアニズム練習曲集の改良で一曲追加の新曲の仮録音・譜面浄書が完了したので、
楽譜付きの試聴動画をアップしてみました。
演奏動画を録画するには、
曲を作りながら練習してやっと通して弾ける感じになったばかりなので、
もう少し練習して身体に馴染ませないとアレだなという事で、
仮に分割でレコーディングしてみました、と。

まぁ案外、楽譜をなんとなく眺めながらピアノ曲を聴くというのもわりと面白いんじゃないでしょうかね。
画質が悪いおかげでサンプルとしては丁度よいですし(笑)。


最期之怪廊 譜面
ちなみにこの曲、なんだかんだで9分以上あります(笑)。
作っている時は、そんなに長く感じなかったのですが、
いざレコーディングしてみると、9分あってびっくりしたと(笑)

鉄鍵律の中に登場する打楽器的なピアノ奏法のオンパレードのような曲で、
演奏会用エチュードとしてのラストナンバーにふわさしい曲が出来たと思います。
まぁ「練習曲」なので、別に「別にたいしていい曲とかでもない」し、
中間部分では、プログレ要素が入ってきて完全にネジが外れてイッちゃっている個所もあり(笑)、まさにメタルピアニズムとしてふわさしいものですね。

最期之怪廊 譜面
ちなみに、この曲では、珍しくソステヌートペダルを使用する場所が何箇所かあります。
伸ばしたい音を弾いた直後にペダルを踏み、その音を伸ばしつつ、その後の低音の音の粒を濁らせずにハッキリきかせるという使い方をしています。
 それによって、普通のダンパーペダルを踏んだままで弾くだけでは絶対に出せない躍動感を出しています。
 ソスヌートペダルを踏むタイミングは結構シビアで、伸ばしたい音を弾いた直後に、
次に弾く濁らせたくない音を弾くまでに踏む必要があります。
 まぁ少々タイミングをミスッて予想外れの音が伸びてしまっても、それはそれで不規則な響きになって別の躍動感が出たりもしますが(笑)。


最期之怪廊 譜面
この曲はメインは嬰ハ短調ですが、
途中で、関係調ではないイ短調になったりする部分で独特の解放感を生んでいますが、
その部分で登場する音の型がテーマになっていて、何度も曲中に登場します。

最期之怪廊 譜面
中間部では、タイトルから連想されるように走馬灯のように色々な展開を見せますが、
三連系のリズムトレーニング的な部分は、小さな鉄鍵律の第三番に登場した系統のものです。
この譜面の部分では、左手で拍を取りますが、後でその逆のパターンも登場します。
 ちなみにこの部分でもソステヌートペダルを使用することにより、
低音を打ちのばした上で、細かい六連符の粒立ちを濁らせずに聴かせることができます。

最期之怪廊 譜面
この部分は完全にプログレ系になっていて(笑)、
割り切れない数字で音が横にズラズラと並んでいます。
よく見ると規則性があるので、そんなにややこしくはなく、
プログレ的には初級レベルですので、こういうのをメタルなドラマーやギタリストだけでなく、ピアノを弾く人にも楽しんでもらえるキッカケになればなぁと思います(笑)。
 なんともいえず「気持ち悪くて気持ち良い」この感覚は説明しがたいものですね(笑)。

最期之怪廊 譜面
そして、その気持ち悪い不規則なリズムの中に、
さらにそれを気持ち悪くさせる減5度の連続和音進行(笑)。
こんな余計な部分を作るから一般大衆に理解されるのが千年遠くなるわけですが(笑)。
いや、でもアレですよ、ショパンの「別れの曲」中間部とかも実はかなり気持ち悪いですから(笑)、まぁこういうのもアリですよ、特にこの曲はタイトルが「最期之怪廊」とか、曲名からして既に精神病っぽいですからね(笑)。

最期之怪廊 譜面
そして、この曲の終わりは、
もうどんどんネジが外れてイッてしまう感じになっています。
意味不明に連打されまくる低音、
音が低すぎて、もう何がなんだか解らない「ゴォーー!!」みたいな低音の和音を使ったり音を濁らせまくっているのは、
これは「わざと」ですから(笑)。
 不協和音を利用した独特の音の濁った響きを作っている部分も結構あります。

最後の終わり方も実に後味が悪く(笑)、
9分も聴かされて、
最後、こんな突き放すような中途半端な終わり方をするのかよと(笑)。

だって、「最期之怪廊」ですから(笑)。

これぞメタルピアニズムエチュードのラストにふさわしい(笑)

面倒なので私ももうこのへんで最期にしましょうかね、、とかふと。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。