| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > カート黒背景/お布施の不思議ホーム > つぶやき > カート黒背景/お布施の不思議

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2011年03月21日 月曜日/14:05:55/ No.232
カート黒背景/お布施の不思議

記事分類:つぶやき
カート
気まぐれで、くろしきレコードのショッピングカートを、黒背景にした。
元々の公式の共有テンプレートは白背景の系統しかなくて今まで白背景にしていましたが、やっぱり私は黒背景が好きというか、商品の画像とかが栄えるので、なんとかスタイルシートや背景画像などを改良して黒背景に一新。あ~めんどくさかった(笑)。
 スタイルシートとか、ドコをいじったらドコの色や画像が変わるのかよく解らんので、だいたい手探りでテキトーに(笑)。
まぁこんな感じでしょうか。

まぁ一般的には、白背景の方が「安心感がある」ので、多くの「いかにも企業サイト」みたいなサイトは大半が白背景だったりしますが、数年前の初期の段階でショッピングカートを黒背景にしていた時もありましたが、それでもちゃんと売れていたので(笑)、意外と一般の常識や傾向は関係なく、商品などのイメージなどによって、最大限にその魅力が伝わる色使い・ウェブデザインが一番よいと思います。自分のやりたいようにやるのが一番よいと思います。
 ビジネスコンサルタントなどは、おそらく「一般的には、こういうサイトはこうしたほうが売り上げが上がる・こういう色使い、こういう配置、こういう広告」とか、マニュアルやトータルの分析で指導したりしそうなものですが、
結局は、自分がやりたいようにやるほうが、中身も生き生きして、それが受け手側にも伝わると思います。
 例えば、シルバーアクセサリーを売るサイトがあったとして、
「いかにも企業サイト」っぽく、「安心感のある白背景」にするより、
私なら、黒背景で商品を見せた方が絶対に商品が栄えると思います。
 逆に、アダルトサイトだったなら、その分野が元々危ない雰囲気が漂うジャンルなので、それ系で黒背景だとちょっと詐欺とかありそうなので逆に薄いピンクか白背景の方が安心して何かそのサイトでカネを使う気になるでしょうね、あ、私はそんなの使いませんけど、まぁそういうのを運営して経営するならって話ね(笑)。

つまり、音楽や、ヴィジュアル路線のアパレル、あと照明器具とか、
そういう、元々別に怪しい雰囲気の漂わないジャンルなら黒背景でも信頼を得れると思います。
元々怪しいジャンルなら、安心させるために白背景がよい、と考えれば、
企業サイトの大半が白背景でどこにでもありそうなつまらないサイト(配色が)が多いのは不思議ですね。何かこう、自分に嘘をついているというか、人の顔色窺い過ぎというかごくごく一般的な社会を感じさせる世界はそういう雰囲気ありますよね(笑)。
やりたいようにやるのが一番魅力出ると思うんですけどねぇ。


ところで、こないだ書きましたが一定期間、東日本巨大地震の義援金として楽譜などの売り上げの全額を利用させていただきます、みたいなアレでふと思ったのですが、
全然関係ない話なんですけど、

お坊さんの「お布施」ってあるじゃないですか。

なんというか、その、無償で他者に対してお金を出すときはどういう時なのかと。

今回の災害時のように、こういう時は意外と人も優しくなったります、映画の時だけ優しくなるジャイアンみたいなものですね、何故かこういう時だけ優しいと(笑)。

災害時の募金などの場合は、ほとんど「気持ちに裏がない」とでもいいましょうか、
それに比べるとお寺や神社などにお金を出すという裏には、
「何かいいことがありそう」
というものがどこかにあるものです。

もし、かなり精神的に悟っていて、
「いや、自分は、完全無償で人の幸せを願い、投資も惜しまない」
と、もし自分で思っていたとしても、
奥の奥の奥の奥のほうでは、
どこかに、
やはり、何かやった分、自分に何か返ってくる事を0.0001%ぐらいは期待すると思うんですよね。

結局のところ、人に何かを施すと、どこかでは、何かを期待してしまう、
そしてその期待が外れると、
「あれだけ、自分は○○したのに・・・・」
と。

まぁ極端な話、
日ごろから人に超優しく、困っている人がいたら必ず助け、借金を申し込んできた人には即答で100万円を貸し、真剣な顔をして保証人を頼まれれば保証人になり、
そして、
それが全て騙され、そしてある日、無差別殺人の標的にされて死んだとします、
それでも、
「いいんだよ・・・・。自分は、みんなが幸せになれば・・・。自分を殺した人も許せる」

んなわきゃないだろと(笑)。
絶対に、マザーテレサのレベルであっても、
やっぱり、
0.000001%は、
「あんなに、○○したのに・・・」
と思うと思います(笑)。

世の中とは、やはりそういうもんじゃないでしょうかね。
宝くじには当たらないけど、
宝くじに当たるのと同じ低い確率の病気にはかかりますよみたいな残酷さというか(笑)。

まぁだからといって悪人になって「ヤリ逃げハッピー」を狙うかというと、それは違うと思いますが(笑)。

あ、話はそういうことではなくて・・・・

頭を坊主にして袈裟をきて「修業している」という事で、
例えば禅宗の系統なら「おーー、おーー」とか声出して歩いてお布施をもらうとかいうのがあるらしいのですが、
なんだか不思議だなといつも思います。

じゃぁですよ、私が音楽を一生懸命やっていてですね、
本当にそれはそれは一生懸命やっていてですね、
でもまぁ、安定した収入には繋がりにくい、しかしだからといって、
サラリーマンで土日でできそうかというと、そんな軽いもんじゃないですよね、
まぁ位置づけとしては、坊さんの修業と同じようなものですよ。
食べ物だって、私などもかなり質素ですよ、というか栄養不足して最近、年末からのアレルギー気味なのが完全に治りません(笑)、
でも、まぁ基本的には、芸術の下積み修業人なんぞに誰も援助金も出さないでしょう(笑)、そりゃそうです、ええ。

私が仮にですよ、
スネアドラムを腰につりさげて、

「おーーーー、おーーー」

とか発声して歩いたとしてもですよ、
お布施どころか警察がきて職務質問されるんじゃないでしょうか。

なぜ、坊さんだと「おーー」と発声して歩いてお布施をもらえて、
芸術の下積み人だとお布施をもらえないのでしょうか(笑)。

つまり、それは、なんというか、
目に見えない何かというか、
仏教とか、神が「裏」に存在、見え隠れしているからこそのアレといいますか。

でも芸術も案外、神的なものとの交信とでもいいますか、そういう一面がある芸術もありますね、獅子踊りとかで、頭の天辺から3メートルの角が生えた衣装を着るらしいんですが、それは、「神にささげる」という意味があるのだそうな。

じゃあ、私だって、頭に3メートルのアンテナつけて、
「私は音楽を通じて、神と交信し、そして捧げている」
ということにしまして、
バケツなんか置いて近鉄奈良駅や大阪城公園の噴水前にでも立ってみたらいかがなものかと。

やっぱり職務質問でしょうか(笑)。

袈裟のパワーすげーなと(笑)。

人間の価値・世界は面白いものです。
あ、別にお寺に対して皮肉を言っているわけではないですよ、
私はお寺とか神社とか好きなので。

まぁなんつーか、不思議だなぁと(笑)。

人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。