| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > 土地の価値ホーム > つぶやき > 土地の価値

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2011年04月22日 金曜日/02:02:21/ No.242
土地の価値

記事分類:つぶやき

前回記事で書きましたが、事務所を引き払って引っ越す準備をしないとなぁと思っていたら、丁度、「便利屋」のチラシがポストに入っていた。が、価格が解らない(笑)、まぁとりあえず片付けを先に進めないと。

処分するものと移動させるものを考えてからじゃないと見積もれませんからねぇ・・・
余計なものを極力省いている事務所で、この物の量・・・・(苦笑)

風呂など水回りもある程度綺麗に掃除しておかないとという事で掃除したりしてます。
立つ鳥あとをにごさずですね。
敷金って返ってくるんでしたっけ?あんまり期待してませんけど(笑)。
まぁ綺麗に使っていたほうだとは思いますが・・・まぁ期待してません(笑)。
洗濯機が引越し先に既にあったりするので、この事務所の全自動洗濯機、次の入居者のために置いたままにしておきたいのですが無理でしょうかね~別に壊れてないわけだし。
次にここに越してくる人にとってはありがたいと思うんですが。家主さんもそれを売りにできるのでは?まぁ別に処分してもいいですけど勿体ないねぇ。

引っ越し先には既にタンスや掃除機や収納スペースやテーブルが結構あったので、
今よりもさらに余計な物は省いて超必要最低限の物しか持ち込まない予定。人様の平屋を家賃なしでお借りするわけですし、自分色に勝手にガンガン染めたりするのは悪いし、物はあまり要らない。

まぁ「超必要最低限のもの」の中のひとつが
「300kgのアップライトピアノ(YAMAHAのUX5)」だったりするから、
もうそれでお腹一杯ですけど・・・・・・・・(笑)
一応デジタルピアノも持ち込まないと、ミスタッチ嵐すぎる曲や全体の形が完成していないような曲を弾く場合に関しては音をオモテに出すわけにいきませんから、「表現の練習」の段階の曲しか生では弾きませんけどね。
まぁ周囲が少し空き地になって余裕があるからガンガン弾いてもいいのかも知れませんけど、なにせ、音出し恐怖症が治っていませんので(苦笑)

徒歩一分以内で明石海峡の海岸とか、住吉神社に行けるというような場所で、和風な曲をピアノで弾くなんて、なかなか芸術的な精神的な活動にはイイんじゃないですかねぇ。ドビュッシーの「沈める寺」とか久々に弾きたくなってきた。もう音の並び忘れたけど(笑)。
まぁ個人的に一人でコソコソピアノを鳴らすより、人に聴いてもらう・音を届けるためにせっかくのこの土地・平屋を利用したいもんですけど。
魚住の海岸近くでヘンテコな激しいピアノや和風な曲が鳴っている家があったらそれは多分私でしょう(笑)。良かったら立ち寄ってくださっても結構ですよ(笑)、あれ、そういえばあの平屋ってインターホンあったっけ・・・?(笑)
 貸してくださる家主さんの別荘状態な雰囲気があったので、インターホンとかなかったかも(笑)。

そういえばネット接続も謎ですが、そこらへんは、また、今の事務所に越してきた時に回線がなかった時のようにカード式のものを契約すればいいかなと。
今の大阪セントラルのZAQのサーバーに楽曲の試聴mp3とかアップしてるから解約したらそれが無くなるので先にバックアップをとっておいたので、解約してカード式を探そうと思います。実家に一時的に滞在する時でもどこでも使えるし(実家では父親がネットを一日中占拠している。大丈夫なのかあの引きこもりは・・・団塊世代の闇を目の当たりにしている団塊ジュニアなワタクシ。ん~全体的に腐っていく親を観てるのは辛い。引っ越し先に引っ張り出してきてピアノでも聴かせてやりますか。まぁ私の事心底嫌いそうだし今回の家借りる件も全力で反対して不機嫌マックスな不愉快な空気ばらまいてるらしいから無理だろうけど・・・まぁほっとけほっとけ/笑)。



ところで、私は、「土地」というものに対して、
次のような考え方をしている。

まず、宇宙という根源は神(のようなもの)である。
地球はそのその根源の中に存在する奇跡の惑星であり、
そこで生きる生物は全て地球に空間を借りている。
つまり土地は人間のものではないし、金でやり取りするものではないはずである。

人が人に土地を貸す時に金を請求するのが普通であるが、
地球は地球上の生物に対して土地を使う事に対して何も要求をしない。
酸素も水も土もそうだ。

つまり自然とはこれまた神(のようなもの)である。


私は昔、ピアノやドラムを思いっきり演奏できてレコーディングできるようなマイスタジオがいつかは欲しいと思っていた。
でも、今はまったくそうは思わないし、もしすごい資産があってそれができたとしても、
それを自分の為だけには絶対に使わないで土地を人に提供したりすると思う。

自分が稼いだお金で土地を買ったら、それは「自分のもの」なのだろうか?
私はそうは思わない。
お金というのは何か大きな勘違いをしやすい。
これは「自立」の概念にも当てはまると思うが、
カネ=実力・自立している・何してもいい
とは全く思わない。
あるいは、それ(モノやカネ)を所有する器がないならそれを所有すべきではないとも思う。

逆にカネを所有していればモノなり土地なり、何でも手に入れて何をしてもよくてそれは自分の実力で自分のモノで、というのは相当に勘違いであると考える。

土地は誰のものでもない。
まぁ中古の家とか、貸家なら、それはその家主さんの物ともいえるので、
「後から自分はそこにやってきた身である」
という意識をもって土地そのものや家主さんに対して心の中で挨拶をして、
自分なりに、そこでできる最大のそれが生きるような営みを人のためにさせてもらう、という意識をもつべきだと思っている。

自分の金で自分が土地を買ったのだから、そこで何をしようが勝手だ、というようなのは私は大嫌いなのだ。

土地の価値というのは、そもそも、広さとか、人が決めた価値(商業地は地価が高いとか)そういうのはクソくらえで、
本来は、土(そこに生息する微生物による農作物の育ちの違いなど)やその土地の空気や性格に価値があると思うのだ。

つまり、都会の高層ビルなんかには何の価値もないと私は思っている。
そのビルで商いをし、大きな営業利益を上げて美味しいものを買って食べて贅沢をする、しかし、その作物を育てたのは、魚を取ってくれたのは、牛を育ててくれているのは誰だ?
本当に価値があるのは、土、優れた土や水、風、空気、太陽、まさにそれは神である。
人が人の力で何かを「自分がやっている」なんて思っているようなのが大嫌いである。
 高層ビルの血の流れてない死んだ魚みたいな目した人間なんぞに何ができるか、勘違いしないでほしい、と。

農作物が育つためには、土の下の微生物やカエルなど、それぞれの小さな命の営みの連鎖によってあらゆる要素が複雑に絡みあって、奇跡が起こらないといけない。

それを壊して好き放題にビルやスーパーばかり立ててきたのはどこのどいつだと。
それはカネを生むが、それ以外には何も生まない。

そして便利になり進化したが、だからこそ、心は退化した。
結局プラスマイナスゼロなんじゃないだろうか。
ほどほどにおとなしく地球の上で慎ましく生活させてもらっているだけで感謝できればいいのに、もっと便利に、もっと気持ちよく、と、
色んなものを壊してきた。元に戻りたくても綺麗な川も畑ももうない。
誰も、気付かなかったのだろうか?調子に乗りすぎだと。
昭和と平成の同じ土地でのビフォーアフターを見たりするとすごいと思う(笑)。
やりすぎだと(笑)。

一番カッコイイのは百姓だと思う。
そのわりにえらそうにもしない。
素晴らしいじゃないですか。

本当に大事な事が何かを解っているという事が大事だと思う。


そういう感覚が今の日本に欠け過ぎている気がする。


そういえば今の実家は元々中古の家を買ったものだが、
その中の和室の一つに床の間があり、前に住んでいた人はそこに仏壇を置いていたという。
そこに、後からズケズケと入ってきた私たち家族がその床の間のくぼみにピアノを置いていた。
私は当時子供だったので、あまり気にしていなかったが、
大人になってから、
「なんか違う気がする」
という感覚が芽生えてきて、まぁ重い腰を持ち上げて今年の正月に床の間からピアノを避けて移動した。何故かその時に父親が母親に、私の入れ知恵でピアノをよけてそこに仏壇を置こうとして激怒したのだが、なんというか逆に何か呆れたというか(笑)、親といえどもカネもあれども、だけど、ただのつまらん人間だなと思った瞬間でもあった(笑)。

大事な事が解ってない。

自分は社会の中で立派にやってきたと勘違いしている一番嫌いなパターンである。
感謝はしているが、しかし嫌いである。

土地の価値も解ってない。
先祖を敬う気持ちもない。

そんな人間はいくら金をもっていても尊敬はできない。


床の間をどう使おうと、確かにどうでもいいと思う(笑)。
縁起なども、まぁそれが絶対だとは思わないしどうせ人が何かの都合で決めた架空の価値である。
しかし、だからといって神(のようなもの)に対する感謝のかけらもないのはおかしいのではないか。
もし自分の土地を自分の思うように使おうと思う場合には、気持ち的な「土地を敬う、先人を敬う」事が必要だと思う。
床の間にピアノを置くこと自体はどうでもいいと思うが、
引っ越してきた時に、
「ここはくぼんでるから丁度いい。仏壇?そんなのカンケーネー!」
みたいな自己中心的な気持ちでドーンと自分色にカスタムするのはどうかと。
挨拶はしたのかと。

確か宮沢賢治さんが何かの童話で、
森の木を切る時に、「木をもっていってもいいかい?」
と尋ねるというシーンがある。

そういうの、すごく大事だと思う。

金があるから何でもできる、
金で買った土地では何をしてもいい、
それは絶対に違うと思う。絶対に違う。

それが解ってない奴は本気で腹が立つ。

私はちなみに無宗教派で、お経も何も知らないし日蓮がどうとか法然がどうとか、
あまり知らないが、しかし、神や仏やという漠然としたイメージは沸くし、
そういう存在を漠然と意識して営む必要性というのは感じる。

確かに仏壇とは一体なんぞやといわれても、何かよく解らない(笑)。
また、「仏」とは何かも知らない。
知らなくても、まぁ別にどうでもいいとも思う(笑)。
ただ、漠然とした、何か大きなもの、エネルギー、秩序、根源というような何かに包まれて、恩恵を受けて生きているという感覚はあったほうがいいかなと思う。

難しいなら、御釈迦さんを「山田君」に変えて考えてもいいと思う。
詳しくは知らないけれど、
ようは、御釈迦さんって、すごく器の大きい優しくて強いオッチャンだったんでしょ?(笑)
で、その人の生き方を見習いたいなぁみたいなもんでしょ?多分(笑)。

釈迦とか仏とか、ちょっと現実味のない神のイメージは解りにくい。
だから仏壇の意味も解りにくい。

しかし、
「山田太郎っていう、超優しくて強い兄ちゃんがいた。だから見習おう」
「仏になる→山田になる・見習う」
「仏様→山田様」
「仏教→山田教」
「大仏→山田さんの銅像」

なら解る気がする(笑)。

大仏が何とか実際意味解りませんよね。

如来→菩薩→不動→天

などと色々あって、後になるほど、
「神」がただのフィギュアキャラクター化してる気がするのだが(笑)、
まぁなんでもいいわけですよ、
生きている事に感謝できればなんでもいいと思います(笑)。

多分、天(ビシャモンとかホテイとか弁財とか)あたりになってくるとガンダムのフィギュアと何ら違いはないレベルだと思います(笑)。
まぁそのあたりの解りやすさで庶民の心をついた空海は天才だったのでしょうか。
まぁいわばそういうセンスはエックスジャパンのYOSHIKIに似てますね。
音楽をヴィジュアルから攻めたという。
まぁ結局なかなか本質は広く伝わらず、後にその世界はどこかズレていって本質が低下したという点もアレですが(笑)。


と話が脱線していますが、
まぁとりあえず、
このお世話になった事務所にも感謝して、徐々に片付けていかなければなりませんねぇ。
やはりどこか寂しいですが、やはり私は何か動かなくてはなりません、何かを変えなければいけません。
私は決して、道楽で結構な選択をしたわけではないです。
むしろ、自分にとっては、変な言い方をすれば「面倒で危険な」道を選んだといえます。だから新しい平屋を与えてもらえた事は嬉しいと同時に、何か実は怖くもあるのです、不安です、私は目も悪いですから、普通の人よりも新しい環境は苦手です。
しかし、私は変化する事が自分で好きで、同時に苦手で、そういう二面性の中で、
自分が、正しいと思いつつも少し危険な不安な方向に自分をもっていく努力をしているのです。
私が実家があまり好きでないのは、あまりにも何も動かないし人の出入りもないからです。何より先祖を感謝できない人間がいるような空間に自分を置きたくはないですし、母親はそれを理解してくれて色々助けてくれるので本当に感謝しています。
もちろん父親にも感謝してますよ。
だけど、もう少し、何か、大事な事を解って欲しい気がする。
音楽の素晴らしさを教えてくれたあなたがなぜ今私よりも腐って歪んでいる・邪魔するのですか?いい加減に目覚めてもらいたい。
テレビに出ている成功したユニークな人は褒めても、私が人と一味違う事をすると嫌がって抑えつけようとしますよね昔から(笑)。なんなんでしょうその妬みみたいなのは。

私が一時期塞ぎこんでいた時にバンドの仲間と出会ってようやく楽しそうに人と関わって、楽しすぎて夜じゅう遊んで朝に帰ってきたら「朝帰りとかやめろ」とか、前に向かった事が嬉しくなかったのでしょうか?
今もそうですね、「人と何か関われ」とかいいつつ、平屋を貸してくれる人が現れたのに、「そんな人はどうせ無責任」とか、なんじゃそれ。テンション下がる(笑)。
いやだいたいバンド辞めてからの私の仕事って籠らないとできない仕事でしたよね。
今色んな作品があるのはあの陰気くさいレコーディングや浄書作業あってのことですから。
次はそれを人前で弾くようになるためのステップに進むわけですよね、あなた私に文句しか言わないんでしょうか(笑)、そんなに嫌いですか(笑)。
せっかく人前で弾く気になってるのに、「レパートリーが少ないと難しい」とか、
ハァ??
世界中どこ探しても無いようなオリジナル曲を自分が弾ける事が最大の売りですよね。
レパートリーなんか関係ねーよ(笑)
誰もが弾いてる曲を下手糞な自分が弾くみたいな面白くない事を私がやってどうするんだと。
枠の中にしか何かをあてはめれんのかと。
ショパンとか弾けなくても関係ないですよね、そんなの仲道郁代さんが弾けばいいですよね(笑)。
人の役割ってあるじゃないですか、色んな曲を知っててどんなリクエストにもこたえられるような楽しい系のピアニストは他にいますし私がそれをする必要はないですよね(笑)、バカじゃねーの(笑)。

それで何か失敗したら「ほらみたことか」といわれる事を怖がりながら後ろめたい気持ちで何かをやるハメになる。いつもこうですね。
気分が悪い。何か微妙な気分が漂っているので、とりあえず事務所の掃除に専念・・・・。

あー、なんか不愉快(笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。