| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > 「沈める故郷」「鏡花水月」ピアノソロ デモ音源ホーム > ムービー > 「沈める故郷」「鏡花水月」ピアノソロ デモ音源

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2011年05月26日 木曜日/02:37:21/ No.250
「沈める故郷」「鏡花水月」ピアノソロ デモ音源

記事分類:ムービー
オリジナルピアノソロ曲、「沈める故郷」「鏡花水月」を、
とりあえず仮にデモ音源としてレコーディングしてYouTubeにアップしてみましたので興味があれば聴いていただければ嬉しいです。


沈める故郷(mp3)(YouTube)


鏡花水月(mp3)(YouTube)


また気が向いたら生のピアノで演奏動画などアップ予定ですが、
今回は静止画があるだけのつまらない動画(動画じゃないだろ)ですみません(笑)

「沈める故郷」については前回記事で楽譜の一部や説明を書きましたが、
「鏡花水月」は、TAKAYAソロ6thアルバム「矛盾律」の中に収録していたバンド系サウンドの曲でしたが、それをピアノソロ編曲したもので、なかなか妖しい雰囲気の変わった異色作となってます。
 楽譜はまだ浄書してませんが、そのうち浄書して販売ラインナップに追加予定。
といっても大阪の事務所引き払いに伴ってネット接続が実家以外でできないので、引っ越し先の明石の住居が落ち着いてカード式ネット契約などしないと、しばらく、しろしきれこーどの物販などはできないのでアレですが・・・

それにしても、
「鏡花水月」のアレンジは結構面白くできたと思いますよ。
冒頭部分などは、付点八分音符の長さで音が跳ね返るディレイエフェクトをかけたような効果を自力で弾いて「人工ディレイ」を再現しています。
サビなども、音が跳ね返っている感じで何かモコモコしたアレンジになっていますが(笑)、
まぁ音の並びや弾き方が気になる・弾きたいという変な趣味の人は楽譜でも買ってください(笑笑笑)
最初のAメロの部分では真ん中のソステヌートペダルを使っていますが、
打鍵の保持によってメロディーの音を押さえ続けて音を伸ばしている部分もあります。
2コーラス目のAメロ手前でもソステヌートペダルを低音を伸ばすタイミングで踏んで、その後普通のサステインペダルも併用して音が濁り過ぎないようにしています。

2コーラス目が終わった後の中間部分(2分51秒~)は静かな雰囲気から一転して、完全に変な曲になりますが(笑)、
これは、水面の月をなんとか捕まえようとするもうまくいかない、というマヌケな様子を描いたもので、何か狐につままれたかのような雰囲気を出しています。源曲も中間部分はヘンテコでしたが、ピアノソロ編曲でもそれを再現できてよかったです(笑)。むしろピアノソロ編曲版の方が変さが倍増してます(笑)。

「沈める故郷」は、技巧的には特に難しくはないですが、
表現は結構難しい部類に入るかなと思います。

今回、デジタルピアノ(YAMAHAのP-200)でレコーディングしてますが、
このデジタルピアノはかなりタッチが素晴らしいのでピアニッシモの表現なども生ピアノに近い感じで可能といえば可能ですが、
こういう曲の弱音表現は是非生ピアノでやるべきですねぇ。

一応、引っ越し先の明石には、アップライトだけでなくて夜間や未完成すぎる曲の練習のためにデジタルピアノも持ち込んだのですが、
実家のYAMAHAのP-200に比べると、
YAMAHAのP-120は鍵盤が軽いので、
どうしようかかなり悩みましたが、
まぁ引っ越しの手間などを考えて事務所に置いてたP-120を明石に持こうかなということで。
タッチに対する出る音は、P-120にせよP-200にせよ、
弱音の表現という観点からはタッチレスポンスをソフト(簡単に大きな音が出る設定)にするとかなり生に近くなります。
そもそもデジタルピアノのデフォルトのタッチに対する出る音の大きさは全然生とは違いますよね。
生のピアノは、わりと普通に弾いても大きな音が出るので、
デジタルピアノの初期設定だと音の粒立ちがかなり悪くなる。
そこでタッチレスポンスをソフト寄りにすると、
ピアニッシモの表現などは生に近くなると思います。
生では鳴るはずの超ピアニッシモがデジタルピアノではそのソーーッとしたタッチではスカくらって発音しないこともあったりしますが(笑)、P-200のタッチは本当にかなりイイです。
逆に、フォルテっシモの表現は、デジタルピアノは、「ある一定以上下品な爆発音」が出ない気がします。
生だと、音を浮き立たせたりする時にもっとコツンとした音が出るのに、
そのタッチでデジタルピアノを弾いてもコツンと浮き立つ音が出せないという事があります。
まぁどんなタッチと出音だったにしても、そのバランスの中でタッチを調整すればいいので、
生でもデジピでもアップライトでもグランドでも、出音とタッチのバランスの中でタッチをコントロールできればどんなピアノに出逢ってもそれなりの演奏ができるとは思うのですが、静かな曲はガンガン系とは違う難しさがあるので、是非、生のピアノメインで練習したいものです・・・

人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。