| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > 百姓ピアノマン(謎)ホーム > 未分類 > 百姓ピアノマン(謎)

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2011年06月06日 月曜日/06:02:22/ No.253
百姓ピアノマン(謎)

記事分類:未分類

 明石への引っ越し移行準備中につき、色々アレなんですが、
時間のあるうちに周辺の店とかを調べたりしてると、なかなか便利そうです。
どちらかといえば、同じ魚住でもJRの周辺と山陽電鉄周辺でかなり栄え方が違うようですが(笑)、まぁ歩ける範囲なのでなんとかなりそうです。

 特にJRの魚住を拠点にすれば東加古川まで190円で出ればドンキホーテやケーズデンキが、まぁ歩ける範囲内であったり、
逆に西明石にも同じく190円で行けばミドリ電化などもあるので、大阪の事務所で暮らしていた頃と似たような生活も可能かと思います。JR魚住の北にコーナンもあるみたいですねぇ。うーん、便利。池とか公園とか図書館もあるじゃないですか、ほー、なかなかマジでイイとこなんですねぇ魚住って・・・・ありがたいですわ・・・・
 そういえば、その貸してくださる例の平屋住居のすぐ近くの海岸から繋がってる道のような道じゃないような道を通る時の(謎)ナナメ前の施設っぽい建物から何か楽器の演奏の音みたいなのが聴こえてきてた時があって、なんだろうと思ってたら、
多分地図で確認すると児童所っぽいですね、ほー、なるほど、海からすぐ近くで本当に開放的で、これなら、ある程度アップライトのピアノを弾いても大丈夫そうですね・・・。まぁそれでも音を表に出すのは恐怖なんですが(笑)。
いやぁ本当にありがたいですねぇ・・・・・・

そのあたりは、わりと歴史的に面白い場所らしくて、水が沸いていたとかで井戸の跡があったり、その関係で酒造があったりするらしいです、ほぉぉ~ぅ・・・・・

海岸近くの駅から南側は本当に何も店とかない感じですが(笑)、北に行けば普通に街だし、絶妙なバランスで実にイイですねぇ・・・
 まぁそりゃ電車一本で森ノ宮から心斎橋に出れたりコンビニが徒歩一分以内にあった大阪での暮らしはすごかったですけどね(笑)
 まぁ私が引っ越す理由は求めるものがそういうものではないので問題なし、むしろ実家よりも多分便利で海岸すぐ近くだし精神的にもある程度は安定しそうです。

コンビニは山陽魚住の北に行けばサンクス、ファミリマート、JR魚住付近や、隣の駅の山陽電車の西江井ヶ島駅前にはセブンイレブンもあるし、まぁそれだけでも一安心といったところ(笑)。一応典型的な若者の一面もある私としてはコンビニはオアシスなので(笑)。
というか物販でクロネコメール便とか必要だし、本当に丁度ファミマとセブンイレブンが揃っていて助かります・・・。

そういえばこないだ、香港のかたから、「勇気100%」の楽譜を買いたいという問い合わせをいただいて、必死で英文メールやりとりしてたりしたんですが(笑)、うーーむ、コレねぇ、再版申請して印税払わないとアレですねぇ・・・
多分再版以降は現物ではなくてPDFデータのCD-Rで550円になるかなぁと。ピアノピース現物でこの価格だと赤字っぽくなるので(笑)。
これは妙にコンスタントに注文がきてたから工場で量産したらどれくらいのコストでいけるのかなぁとか思ったりもするのですが、それでも最近物販とか動画再生の伸びのあまりの悪さとか考えるとあまりやる気なくなるんですよねぇ(笑)、量産はもっと発展してからでもいいかと・・・というかあまり音楽やる気ないので(笑)。
いやピアノ弾きまくるために引っ越しするわけなんすけどね(笑)、
でもあまり音楽について真剣に考えると精神的に病んでくるから、もう黙って農業とか手伝ったりして違う事考えとこかなみたいな(笑)。

不思議なのは、自分が音楽についてあまり考えなくなると人から問い合わせがきたりすることです(笑)。
別にそれで成功とかでどうでもいいしむしろ百姓なりたいんすけどとか思ってると妙に注文が来たり問い合わせがきたり、今は売ってもない廃盤にした昔のCDを欲しいとかで買ってくださる人が現れたりと(笑)、最近なんか変です(笑)、これは何なんでしょうか??(笑)

まぁそんな中、
少し前にピアノソロ作品「鏡花水月」「沈める故郷」の仮のデモ音源をアップしましたが、
鏡花水月 ピアノピース
鏡花水月(mp3)(YouTube)


沈める故郷 ピアノピース
沈める故郷(mp3)(YouTube)

「鏡花水月」のアレンジをあれから色々改良したりしてます(笑)。
まぁまたいつか気が向いたら演奏動画をアップします。

もともとバンド系サウンドとして、TAKAYA6thオリジナルアルバム「矛盾律」に収録してた曲をピアノ編曲でリメイクしたわけですが、
そういえば原曲ってどんなのだったっけ?と思って激久に自分で聴いてみたら、
かなり感動して過去の自分に嫉妬してしまって嫌な気分になりました(苦笑)
バンド系でドラムやシンセ有りの楽曲形態で私に曲を作らせるとマジで世界観がスゴイね、なんかマジで嫌な気分になりましたわ、過去の自分が作ったものに対して何故か今の自分にはこういうのもう作れませんみたいな嫉妬心が沸くのはなんなのでしょうか・・・聴かなきゃよかった(笑)。
これだから自分の曲はあまり聞かないんですけどね(笑)。
ピアノソロの鏡花水月も結構バランスは普遍性を保ってる感じにしてますが、
原曲は自分が思ってるよりも世界観濃かったですね(笑)、これもやっぱりいいですねぇ・・・
でもまぁパフォーマンス的にはピアノというのはソロで完結するというメリットがあるし、まぁバンド系の作品・作曲は音源でもうアルバム8枚分ぐらいあるから、そっち系は踊り場に落ちつけるまでは放置でいいかなと(笑)。
 まぁそういう事を考えてた中で、ふと、昔のバンド系の曲をピアノソロで編曲したら面白そうな曲をピアノソロで再現してみようという面倒くさい情熱が少々沸いてしまい(笑)、
昨夜も一晩中バカみたいにピアノを弾いていたのですが、
TAKAYAソロ7thに収録予定だった「FIRE MAN」という、まぁ一部の人以外は知らないであろうロックなバンド系のオリジナル曲をピアノ編曲で作り直したりしているところです。
ちなみにTAKAYAソロ7thアルバム制作中に完全に無気力になって、それからは全くバンド系のサウンドのTAKAYAソロは制作しておりません(「輪音転生」という作品は2巻制作しましたが。)。
タイトルは当初は「FIRE MAN」でしたが、
ピアノソロ編曲版としては、曲調的な特徴から「突火打(トッカータ)」と名付ける事にしました(笑)。
同音連打や左右の手のコンビネーションで常に動き続ける音の疾走感が爽快なピアノアレンジとなりそうです。
 ロックっぽい曲で且つ比較的「歌っぽいメロディー」がきちんと存在する中でピアにスティックな技巧がある作品というのは意外と世の中でも少ない気がするので、バンドっぽい曲調のものをピアノ技巧を駆使してピアノソロでやるというのは結構面白いのではないかと思いますし、そういう実験的な曲としてこの「突火打」は面白い作品になりそうです。
 ピアにスティックに走るとどうしてもメロディーがあまりないような、いわゆる「すごいのかもしれないけどあまりしっくりこないピアノ曲」というのがわりとある気がしますが(特に現代系は全く「歌うような、メロディーを追って行けるような楽しみがある」ピアノ曲が少なくなったと思います)。
 私の「メタルピアニズム練習曲集『鉄鍵律』」なども、
どちらかといえば、ピアにスティック重視でメロディー重視ではないため普遍性はあまりありません。まぁそれはそれでいいのですが、私は元々は歌っぽいメロディーが存在するメロディ重視の楽曲の作曲がメインでしたから、ピアノソロの作品をよく作るようになってからはその魅力は逆に半減したともいえます、というか、わざと方向性を使い分けてるともいえますが。

だいたい楽曲というのは大別して、

・歌うようなメロディー重視
・器楽的なリフ重視
・雰囲気、響き重視

私はそういう音楽の傾向の中で特にどれがどうでアレがどうというのもなく、
どれも好きなので、
自分の作品も、メロディー至上主義な曲と、ピアニズム重視型の曲にハッキリと分かれていたり、あるいは融合したものが色々あります。
先ほどの「鏡花水月」などは、かなり色んな要素が融合していて、普遍性が一見なさそうでメロディーがわりとハッキリあったりもして、印象派よりは普遍性のあるものとなっていると思います。
まぁ別に普遍性を考えて戦略的に音楽をやるようなことは全くしていませんし(笑)、ただ気分でやりたいように勝手にやってるだけって話ですが(笑)。

鉄鍵律などはピアニズム重視で歌うメロディーがないので普遍性がないですが、
バンド系として作った「FIREMAN(突火打)」はメロディーが存在しつつもピアニズムは鉄鍵律の系統というような曲になりそうで、アレンジが完成して練習して弾けるようになれば重要なレパートリーになるのではないかと思います。
 スピードなども含めてわりと狂気的・体育系なトッカータになっています(笑)。

あー腹減った。

人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2011/06/06 06:02 ] 未分類 |
コメント 0 : トラックバック 0 |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。