| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > ピアノ引っ越し完了ホーム > 未分類 > ピアノ引っ越し完了

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2011年07月05日 火曜日/02:11:58/ No.260
ピアノ引っ越し完了

記事分類:未分類

遂に、実家(奈良)のピアノ(YAMAHAのUX5)の明石への引っ越しが完了しました。

いやぁ大変で疲れた(←アンタ何もしてませんやん/笑)

250kgですからねぇ・・・
それを二人で持ち上げて家に運び込む業者のかた達はスゴイっすわ・・・
見てるだけで疲れるほど大変そう(笑)。

まぁ実家は一階からの搬出で、明石の平屋も一階で大きい窓があったので、
比較的マシなのかも知れませんが(依頼する側としても値段的にも階段とかクレーン吊りとかなければ助かりますし…)、それでもスゴイっすねぇ・・・

このピアノは私がおそらく3歳ぐらいの頃からあり、
今回のを含めて三回引っ越しをしていて、
そのうち、二回目の引っ越しの時はクレーンで吊って二回のベランダから搬入したらしいです(幼稚園ぐらいだったから私はあまり覚えていない)。
 なんともシュールな映像だったんでしょうなぁ・・・(笑)

芸術とは本当に道楽というか、カネばっかり無駄にかかって、
そのくせ全然収入は増えない(たいして売れてない場合/笑)・・・・・

ふう。。。

なんか知らんけど、ほんと、マジごめんなさい(笑)。


さてさて、問題はですよ、
これをこの平屋でガンガンと掻き鳴らして、
さぁ、
周囲にどれだけ騒音をバラまいていつ周囲の人に殺されるかも知れないという恐怖(笑)

丁度、この平屋を貸してくださる家主さん家族が集合状態だったので、
テキトーに弾いてみて、
皆が外に出て家の周囲でどれぐらい音が漏れてるかをチェックしたりして、
完全解放状態だった部屋の周囲の扉をはめたり色々助けていただきました。

んで、昭和を思わせる障子のようなデザインのガラスのふすま(??)なのですが、
それで部屋を閉め切ったら外にはほとんど音が聞こえなくなったそうです。

へぇー!マジっすか!

ふすまにも隙間が少なくてきっちりと閉まる感じでしっかりした家みたいなので、
結構密閉性に優れているのかも知れませんねぇ、ありがたや~。

荷物を大阪事務所から運んだ5月13日の記事でも写真を少し載せましたが、
平屋
周囲はかなり空き地で余裕があるので、
まぁノビノビと弾けそうですが、
私的には、
デジタルピアノの鍵盤打撃音だけで苦情がきた経験から、
生のピアノで音を出すなどとんでもないというような完全被害妄想全開の音出し恐怖症みたいな感じになっているので(笑)、
みんなが、
「そんなに外には聴こえてない」
と言ってくれて安心しましたが、
それでも恐怖は止まらないので(笑)、
さらに部屋の仕切りのふすまだけでなく、
そこにカーテンもして少しでも防音・吸音を徹底する予定でございます(笑)。

ピアノを置く部屋が平屋の中でど真ん中の部屋で、
そのうえにアップライトピアノの音が出る後ろ側の響板を広大な空き地が広がる西側に向けて、
さらに響板にも毛布を少しかけてあるし、
まぁ確かにかなり安心だとは思います。

これで苦情が来たらもう逆ギレして刺します、よろしく(謎笑)。

いくら音楽が素晴らしいものであるという人がいたとしても、
価値観はそれぞれですし、私自身、音楽なんて、
「ただの黄金のウンコ」
ぐらいにしか思ってないですから(笑)、
真剣に携わってはいるのだけれども、
しかし、だからといって、芸術の価値を妄信はしていないというか、
むしろそういうのは危険というか、社会の現実ってのもありますからね。

まぁ非日常的な音というものが日常にあるとただの騒音ですからねぇ、
念には念を押して防音はできる限り徹底すべきですね。


まぁ思っているほど外には漏れないみたいで本当に安心しました。


となると、その気になれば、その周辺はかなり閑静なので、
生のピアノの音で音源制作などもできるかも知れませんね。

やっぱりデジタルピアノの音とは全然迫力や音の広がりや空気感も違いますし。

久しぶりにこのアップライトを弾きましたが、やっぱりストレスがなく出る音が気持ちいいですね、特に低音のパワーや音の圧力感がデジタルとは雲泥の差。

せっかく、このようなありがたい環境に恵まれたからには、
大いに活用しなければということで、
是非、レコーディングはやりたいですね。

意外とこれまで、作品は色々あるのにピアノソロ作品の音源はほとんど作っていなかったりするので(笑)、せっかくだから生々しい音質でレコーディングしたいなと。

このYAMAHAのUX5はアップライトにしては相当にイイ音が出るしソステヌートペダルも付いているし、音源作品の宅録をする事は充分可能だと思います。
譜面台の隙間から手前に音が出てきて、上の蓋を開けなくても音もこもらずにわりと明るい音が鳴るし、譜面台の隙間をふさいで防音してもそれでも音は明るかったですね。

そもそもオンマイクで弦やハンマーの音を近くで捕らえても、変ないいかたをすれば、そういうミックスは嘘の音になりますし、
あえて私はステレオペアのオフマイクで全体の響き(=自分が耳で聴いている音に近い音)を忠実に録音して、生々しい音を音源作品として収録したいなぁと考えています。

特に弦の近くを狙わなくても充分に音は明るかったので、
あまり凝らずにシンプルなマイキングで録音してみたいですね。

ペダルを踏む音とかもある程度静かに踏んでもマイクはその音を拾ってしまうと思いますが、でも、それが真実ですしね。
むしろ、妙にクリアで、クリアなのに無駄な音は入っていないというのは嘘っぽくて気持ち悪いというか現実味がない、ライブ感がないとも言えます。

昔の、映像が白黒時代のピアニストの演奏のビデオとかを見たりしても、
案外、録音のクオリティの現代とのギャップはあまり感じないというか、
問題はそういうところではないというか、
むしろ、生生しさという点では現代の無駄がない完璧な音質より、
昔の録音のほうがワクワクする何かがある気がします。

テレビにしてもそうですが、
画質がいくら綺麗になろうとも、
内容が乏しければ外枠が完璧に整っても何も意味がないというのと同じでしょうか。


と、いうことで、
生のピアノで録音となると、
デジタルよりも難易度が上がりまくるわけですが(笑)、
マイクは色々迷いつつ、
RODEのNT-5のステレオペアコンデンサマイクあたりがバランスがよさそうかなと。
それを自分の耳付近のトップにオフマイクセッティングしてどうなるかですね。
SM57も一応持っているのですが一本しかないので、まぁオフマイク二本で何か物足りなければ他のやり方をテキトーに試したりするのに使うかもという程度でしょうか。
 アンビエンス(部屋鳴り)のマイクを立てる必要性は、この環境においては無い気がするので、まぁとりあえずオフマイク二本でどれぐらいの広がりや空気感が出せるかですねぇ・・・

と、まぁまだ新住居に完全にはまだ滞在定着していない中で色々考えているわけですが(笑)
まぁアレなんですよ、引っ越しが5月13日に完了してるのになんでそんな時間かかってるの?という疑問の声が聞こえてきそうですけれども(笑)、
この平屋はしばらく空き家に近いような状態だったらしく、
まぁちょっと色々移行準備に時間がかかっているのであります(笑)。


ピアノの音が外にあまり漏れずにホッとしたということで、
その後、家主さん家族とともに、
空き家状態になってるらしき西ノ宮あたりにあるという他の持ち家(!)に遊びにいかせていただいたのですが、
うわ~、こりゃ高級だわ!(笑)
二階に上がるエレベーターが家にあるとかなんすかそのセレブ(笑)。
そんなの初めて見ました(笑)。
今は動かないらしいですが、いやぁすんごいっすねぇ・・・
よく観ると、なんか、柱とか天井とかも、なんかさりげなく色々と高級じゃないっすか奥さんコレ!(謎笑)


まぁなんだかんだでとにかく、魚住のほうの平屋は芸術活動には本当にピッタリで、本当にありがたい限りです。
ならないっていう
時間がなかったのでカーテンはまだ設置してませんが、またそのうち設置して、
マイクとかも買って色々試したいですねぇ。

さぁ忙しくなるぞ~!(←若干バカッぽい言いかたで)

忙しくなってもカネにはあまりならないだろうというような事は今はあまり気にしないという方向で・・・・(笑)

人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2011/07/05 02:11 ] 未分類 |
コメント 0 : トラックバック 0 |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。