| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > 音漏れ系ピアニストの音漏れリサイタル(謎)ホーム > 未分類 > 音漏れ系ピアニストの音漏れリサイタル(謎)

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2011年07月27日 水曜日/20:44:28/ No.270
音漏れ系ピアニストの音漏れリサイタル(謎)

記事分類:未分類
ピアノソロレパートリー
自分のピアノのレパートリーを自分であまり把握していないというか、
どうしても練習する曲が偏りがちだったり忘れている曲があったりするので(笑)、
とりあえず一覧表を作ってみた。

ピアノソロ曲っぽいピアノ曲と、
歌っぽいメロディー重視の曲をピアノで弾いてみました系の曲に大別されるかなと思う。

ピアノソロ曲っぽいピアノ曲は普遍性が狭いわりに難しく(笑)、
歌メロ重視系の曲は、比較的テキトーな即興で伴奏付けて軽く弾いて一般受けがいいという(笑)、
なんとも皮肉なものだったりするが、
まぁ色々キープしていたいものです。
しかしまぁ、これらを、演奏会レベルでキープするには絶対に引きこもり必須なので(笑)、
まぁあまりそういうのもどうかと・・・・。
自分が下手だから楽譜売ってるわけだし(笑)。

勿論、自分の曲を自分で音に外に出していく必要性というのも感じなくもないし、
弾けて損はないので、まぁ練習しているわけだが、
だからといってリサイタルを開きたいかというと、
うーん、なんとも(笑)。

なんというか、
ピアノの演奏は息が詰まるしノーミスが当然みたいな空気が自分にはあり得ない(笑)。
そんなのは音楽じゃないと思うし、まぁ楽しく弾いてノーミスならいうことないけど、
そういう才能はないことは確かだから、まぁ作品そのものが売りであって演奏が売りではない、だけど弾けた方がまぁいいだろうなと(笑)。

リサイタルのあの「両者の構えまくった感じ」がすごく嫌で(笑)。

途中で間違って、
「あ!ちょ!ごめん!今のちゃうねん!ちょ~待ってちょ~待って!もっかい最初からやるわ~」
とか、そういうのダメなのかねぇ・・・?(笑)

ところで二本というのは何軒かに一軒はピアノを所有しているといわれているほどピアノが普及しているらしいが、
そのわりに、ヨソの家からピアノの音が聴こえてくるという微笑ましい光景が昔より減ったように思う。
多分、みんなコソコソとデジタルピアノでヘッドフォンとかでやってるのかも知れない。

私もコソコソ派なわけですが、もっと生で音を出さないとダメだと思い、
そういう環境を探していて運よく今の住居との縁をいただけたわけですが、
音楽っていうのは、そもそも、堅苦しい空気の中で完璧な演奏をクシャミもせずに聴き、
舞台の袖で演奏家は冷や汗を握って逃げたくて仕方がないというプレッシャーに押しつぶされる、
というものなのだろうか・・・・。

私は、なんか、そこらの家から音が漏れてきたり、
どこからともなく音楽が聴こえてくる、
というような微笑ましい光景が、
「音楽」だとも思っていて、
まぁ結局リサイタル的なものというのは商業的な理由もあるんだろうとも思ったりする。

バンドのライブとかなら、確かにPAを通した迫力の音で非現実的な娯楽価値があると思うが、ピアノはとにかく演奏家にかかる負担が大きすぎると思う。

「リサイタル!!」
という形でしかピアノは人に聴いてもらえないのだろうか?

私などは、

「音漏れリサイタル」

とかがいいと思うんですけどね(謎笑)。

家でピアノを弾いて音を外に漏らす日程を告知し(笑)、
聴きたい人は外で漏れてる音を聴くことが可能とか(笑笑笑)。

漏れてる音はタダで聴ける、
中に入ってきたい場合は勝手に中に入れるように扉を全開にしておき(笑)、
「勝手にどうぞ」
とか看板で誘導(笑)、
しかしそれが罠になっていて、
中に入ってしまったら、
黒服10人が構えており、
仕切り伝票で4万円のチケットを強制d・・・・・・



あら、途中から話が変な方向に・・・(笑)


ところで、ピアノレパートリーの一覧に、
「紅い日記」
という曲があったりしますが、
これは、
脚怒火突華打 楽譜
脚怒火突華打(YouTube)

と同じく、
歌メロ的な旋律を重視したバンド系のオリジナル楽曲をピアノソロ曲に編曲という路線んもので、
TAKAYAソロ4thアルバムの中の「『Red diary』 for...」というメタル系のバンド曲をピアノ編曲してみようということで、
「紅い(あかい)日記」とタイトルを変えて編曲中。

やっぱり歌メロがハッキリしているような曲は激しくても聴きやすいというか、
こういう路線は結構アリかなと。
特にこの曲は、少しサビのメロディーやコード進行が変わっていて、
中途半端なコードからサビが始まる印象深い自信作だったので、
是非ピアノソロでも再現してみたいなぁ、と。
ギターでズクズクやるような場所はピアノでは再現不可能なので、
それなりにピアノソロらしい編曲にするのが逆に意外と面白かったりもする。
ギターのリフを
「再現できてないのに再現している!!」
というバランスにしたいですね(笑)。

人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2011/07/27 20:44 ] 未分類 |
コメント 0 : トラックバック 0 |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。