| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > やっと終わった・・・ホーム > くろしきレコード関連 > やっと終わった・・・

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2010年04月17日 土曜日/04:04:46/ No.51
やっと終わった・・・

記事分類:くろしきレコード関連

未完組曲Ⅱ-第四番の簡略スコア浄書を完了。
 とりあえず不眠耐久で本日、未完組曲Ⅱの簡略スコア全曲浄書完了。
これでモノは揃った。



未完組曲譜面サンプル
第四番は、暑苦し切な系バラードですが、
冒頭部のピアノは、わざとコード感が浮ついたようになっていて、
和音からコード感がつかめなくて解らないのとアタマに休符が存在するのが後で気づくようになっています。

未完組曲譜面サンプル
ここの部分が曲でよく登場する独特の憂鬱で切ない響きのテーマですが、
完全に雰囲気重視でコードの響きそのものが曲を引っ張ります。
語ったり呟くのに向いている雰囲気となっています。

未完組曲譜面サンプル
冒頭の旋律はこの曲のテーマでもあり、
後半でこの旋律のコード進行変形、転調系が登場します。
この曲は散々八分半も引っ張って終わり方がそっけないのが特徴です。
それだけ不毛でどこか憂鬱な、何かを探しても答えや目的が探し出せないような気だるい曲です。

あ、そうそう、かなり耳のよさそうな人は気付くと思いますが、
この二巻の四番は少しピアノの音の調律が変だと思いませんか??

実は、この四番のピアノ調律は、439hz台と低いのです。
昔のカセットテープの古臭いピアノの音みたいな、
ちょっとテープが伸びて調律ズレて軽く音のウネリが歪む雰囲気です。

逆に、この他の未完組曲では、ピアノの音は442hzと高い音程になっています。
こうすることで、切なさとか懐かしさと暖かさを醸し出しています。
 隠し味として、他にベースギターのチューニングは、A=439hz前半と低くしてあります。
つまり、メロディーのピアノの音色が442hz台で低音ベースが439hz台なので、
実は各楽器で微妙にチューニングのズレによってレンジが広くなっています。
低音はより低く、高音はより高くチューニング設定することで音の立体感や空気感を増しているという感じです。

まぁ興味のない人にはどうでもいいことでしょうが。 人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。