| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > 何ができるか? ①ホーム > つぶやき > 何ができるか? ①

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2010年05月26日 水曜日/03:00:17/ No.90
何ができるか? ①

記事分類:つぶやき
おっ、こんな真夜中に広告収入の振り込みがきたぜよ(笑)。

うーむ、これは毎度のことながらバカにできんきぃ。

さぁ、ハワイ行くぜよ、さぁ明日ハワイ行って遊ぶぜよ!(笑)

もっと不労所得系の収入ルートの安定性や種類が高くて多ければいいんだけれどもねぇ・・・・

と、いいながら、このブログの一番上に設置してた広告表示は取り下げましたが。デザイン上というか、一番上に表示した広告は能率が低いので、それなら要らんだろと。
おおよそ、ツーバスドラムレッスンサイトが一番人が流れてきていてその影響が大きい、
というか、まさかこのツーバスサイトがグーグルなどでかなり上位に表示されて結構認知度高めのサイトになるとは設立当初まったく思ってなかったが。

確かに世の中、確率なんだよね。
確かに人がたくさんあつまれば、なんか意外と広告もクリックされたり広告商品買ったり、勿論自分が販売している商品もボチボチ売れるんだよね。
数が多けりゃ意外と何かは少しは当たるもので、なんか当たり前といえば当たり前なんだろうけど不思議だし面白いなと。

下手な鉄砲も数うちゃ当たるとかいうけど、
私自身の作品自体、かなりたくさんあるよね、
それのどれも大きく当たりが出ないはずはないと思っている。
ピアノからもドラムからも作曲も編曲も、どこからでも攻めれる、
それで何もものにならないのはおかしいし、それは自分の行動力不足である。
 勿論、ここからは、外部に営業が必要なので運もあるのだが、確信はある。

少なくとも、普通に転職すると、

「自分はたいして何もできませんし目もかなり悪いですし、それでも大丈夫だろうか」
みたいな強烈な劣位の中で「商売」することになる。
いまどき普通のサラリーマンでも、それは一種、自分を売り込む「商売」ですからね。実質自営業とさほど変わらないと思います。

まぁそれに比べて、出版社などに自分の音楽を売り込む方が、

「すごいヤツがいるぞ!これはスゴイぞ!あなたはコイツを放っておくのか!?(笑)」

と(笑)、自信満々で音楽なら売り込めるわけですから、
誰から見ても音楽で頑張った方が私はよいでしょう(笑)。
普通の転職は最初から自信がないし不安しかないし実際にハンデがあれば普通以下で役に立ちそうにないし本当に役に立ちませんよ、そりゃ面接後に階段から足滑らして階段から落ちた男ですよ(笑)。
こりゃもうやめようと思いましたよ(笑)。
まぁ仮に私が超有名歌手だったらミュージックステーションの登場の階段でつまづいてコケたり収録後に出口が解らなくて挙動不審になるような気がします(笑)。
あ~確か今上海万博でパクリで話題になった岡本真夜さんもなんかそういう系でしたっけ(笑)。
あ~あとYoshikiも内面が切れ味が鋭いのにテレビはフニャフニャ挙動不審でしたね(笑)、まぁ一緒にするのも失礼なのですが、私もそういう系でしょう(笑)。まぁオモテには仮に出れても出るつもりありませんけど(笑)。
 地デジとかハイビジョンとか、あれはないわ(笑)、
私は仮にテレビに出てもアナログ放送で出る。ボケてていいです(笑)。
それに闇組織の元幹部が詐欺の手口を明かす時の首から下が映ってて手組んで座っているようなアングルでいいです(笑)。

まぁどうでもいいですが、
「普通な路線」に自分を置いた途端に自信がないしやりたくもないのに売り込めませんからね(笑)。
そりゃどっちとるのっていったらとにかく音楽でしょう(笑)。

私自身は別に売れたいとか思わないんですが、
楽曲がとても勿体ないんですよね、これを広めたいという気持ちが優先。
自分は裏で業界を闇で動かす暗躍系にいずれ走りたい(笑)。
ピアノも、鉄鍵律13エチュードの練習曲という作品の存在をピアノ史に残るような、ハノンとかツェル二―とかショパンエチュードの隣に普通に本屋に並ぶような感覚の代表的な教材的要素をもった曲集として確立したいとか、
とにかく、自分が売れたいわけじゃなくて、作品を広めて何かオリジナルなブランドがどうとかいうよりスタンダードとしての感覚でそれらを確立したいというか、その価値が充分あって世界に通用するはずだと思ってるからできるはずだと思っているわけで。
これは未完組曲もそうです。
とにかく私はあまり表には出ずに、楽曲という本質こそをブランドとして世に広げたいという気持ちが強いです。ピアノも下手糞ですし。

んで、まぁ忙しそうな出版社さんなので突撃してからしばらく待ってますけど、
まぁ、何か次に進むのか進まないのか無視されてるのか解らないのが気持ち悪い(笑)、まぁこれは転職活動と同じ感覚です(笑)。



まぁそんな中で、まぁ大半はダメ元という事なので、
一応待ってる間に、他に何ができる事があるか煙草ふかして考えて頭もグルグルしてるわけですが、まぁ色々並べてみましょう。



■大手・中小・零細関係なく、音楽出版社に当たりまくる

これはまぁとりあえず普通というか、まぁ普通なんだけどそれしかないような気もするというか。
とにかく、レコード会社よりも今は雑誌などの紙媒体に注目してます。

ただ、ピアノ系といっても、私の作品は明らかに異端児系ですから、堅そうな企業はダメでしょうね。それこそ肩書もコンクール実績もありませんから。まぁ一応時をさかのぼればオーディションで賞をもらった事はありますが、まぁたいしたことありません。あくまで作品を押すわけで自分がピアニストとして各地を走り回りたいわけではありませんし演奏の実力の低さゆえに無理です。
何故じゃぁもっと上手くなろうとしないのというと、
いや、努力はしてますが、才能がありません。
これは作曲で自分が能力が何も努力しなくても簡単にできてしまうからそれが解るんです。私のピアノ演奏の能力はカスですし、私が百年努力してもどこかの天才はそれを三秒でやってのけるだけなので無駄ですし、演奏はどっかのそっち方面での天才に任せておけばいいのです(笑)。
だから作品をあくまでも広めるというのが目的になるわけです。

まぁある程度は自分の曲だから弾けるわけですが、
まぁあの咳払い一つしないようなリサイタルの空気に耐えうるクオリティの演奏は100%できません。

■小山実稚恵さんに手紙を出す(笑)

・・と、なんかメタルピアノとかが似合いそうというか(笑)、意外に気にいってくれそうな有名ピアニストに、自分のピアノ曲を広めてもらう(笑)。
とかどう??(笑)
って手紙届くんかよ(笑)。
まぁそれか、逆の手もありますね、
発展途上で、
演奏家になる気満々だけど有名になれていない人で、なんか面白いインパクトのあるものでその人自身も売名行為が必要なピアニストに売り込んだりコンタクト取って弾いてもらったりとかどう??
それなら互いに繁栄すると思うんだけど??


他にも、ある程度のイメージはありますが、現実的に難しいものがこちら。

■音楽教育の講師や教室・それらのウェブサイトやそういう系のポータルサイト運営者などへの相互で繁栄を望めるような形での売り込み

■ライブハウスなど、バンドマンや歌手の目につく場所に広報

ここらあたりも当然思いつくわけですが、
これにはやはり問題があります。

基本的に、新しいモノに人はなかなか理解を示さないのが世の法則なので、
それを取り入れたりしてもらうのは大変な事ですね(笑)。
どうしても、「メジャー化してこそナンボ」で、
そうならないと誰も振り向いたり、それを教育現場で取り入れたりしようとは思わないように思います。だから出版社に売り込みたいわけで。
「メジャー化しないと何もできない体質」というのもどうかと思いますが。

続く
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。