| 管理 |
/
ホーム > スポンサー広告 > 営業の裏ワザホーム > つぶやき > 営業の裏ワザ

--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.
スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |
|

2010年05月31日 月曜日/08:23:53/ No.95
営業の裏ワザ

記事分類:つぶやき
どこかの営業マンさんがこのタイトルに惹かれて検索でこのブログに飛んできたとしたら、
ごめんなさい、多分たいしたことないです(笑)。


とりあえず、ちょいと前に突撃した某大手出版社は、
おそらく、

大いなる無視

と考えてもよいと判断し(笑)、
さっさと気持ちを次に向かわせることとしましょうか。

こうやって昔から自分が憧れていたり実際に物を買ったりしていた会社の印象がどんどんイメージと遠ざかって夢が崩れてゆくこの楽しさ(笑)。
大手はやっぱり頭固くて悪くてダメなのかね???(笑)
どうせみんな給料もらうために仕事してるだけっぽい普通な人なわけだし、
熱い人に出会わないと・その人に物を判断してもらわないと普通の給料稼ぐために日々淡々と仕事してる人に自分の熱意や作品の魅力を伝えても伝わらない気がするよね。
だからといって直接大企業の社長宛てにドーンと直接送ったりしても(前にそれやったことあるけど)、
結局スーパーバイザーなんかの呑気に給料もらってるだけみたいな物解りの悪そうな人からロボットみたいなアホくさい返事が返ってくるわけじゃん?(笑)

もーやだ(笑)。


つーかちゃんと目を通してくれてんだろか???(笑)
誰が見てんだろ?
その時の周囲の様子や会話を盗聴したい感じ(笑。

「なんかまた変なの来たよ?なんだこれ?プッ、たいしたことねーな。くだらねw」

とかいって無視なのか検討した結果、物の良しあしというよりカネが儲かりそうにないから放置なのか、
気になるよねぇ~(笑)。

あ~誰か私の価値や提唱してる事のよさがわからんかね~(笑笑)。


ところで、
ふと、
つまらない事を考えてみたのだが、

何かを売り込むような営業の裏ワザを考えてみた。


経済は感情で動くとはよく言ったものだが、
つまり、
なんだかんだで物事を動かすのは人間である。
人間とは良くも悪くもテキトーな生き物で、
その時の気分や状況によって、
同じものに触れてもそれに対する感じ方や評価はコロコロ変わると思う。


つまりだ。

営業は、相手が人間である事を考えると、
相手の機嫌がよさそうなタイミングを狙う方がいいのではと思うのだ。


そこで考えた具体的な営業にふさわしいタイミングは、


・給料日が近い月半ば
・金曜日の午後


は基本的にみなさん機嫌がかなりイイはずである。

あ~今日からまた一週間が始まってしまった、先は長い、
土曜日までまだ五日間もある、ダルすぎる、

そんな世間全体の一般人の機嫌が最高に悪そうな月曜の朝っぱらや火曜や水曜に営業をしても、
なんとなくうまくいかない気がする(笑)。

人間は機嫌で重要な事すら左右される気がするのだ(笑)。

翌日が休みの機嫌のよい金曜の夜に見るテレビドラマや映画は格別のはずだ。
金曜の午後の仕事なんて時計みて
「あと数時間で・・・!!あと数時間で!」
と終わりへのカウントしかしないのではないだろうか(笑)。

そんな異様なテンションの中で、
ふと、何かの営業がくるとして、

「おっ?結構いいんじゃねーのこれ?
ねーねー係長、こんなの来てますよ?」

「どれどれ??ほー、なかなかいいんじゃない?」


「おっそろそろ時間だな(17:30)。
ちょっと今日はみんなで飲みに行くか!」

>ご機嫌な飲み会で売り込まれてきたものの話題が<


「採用!」(笑)


とか、上機嫌であるがゆえに、
同じものを売り込んでも評価が上がる気がするのだ(笑)

と、こういうバカな戦略妄想を立ててみる。

そうなると、

今日は月曜なので、
売り込み営業は週末まで控えないといけないので、
こっちは週末まで仕事がないという事になりますがいかがなもんでしょうか(笑)


あと、
音楽というコンテンツの性質上、
見てすぐ何かが解るとかいうものでないのと、
聴いてもらう機会に恵まれない・そこまで達しない事も多いはずなのですが、
サイトや動画などがある私の場合は、
メールが一番効率はよさそうだが、
やはり目を通しているのかすら疑問にも感じる部分もある。

そこで、じゃぁピアノ練習曲集の本やCDや売れ筋である勇気100%などを現物で出版社に発送する方が、
なんか凄い奴っぽい空気が醸し出せる気もする(笑)。

以前、某地下街の幹部さんや某芸能発掘系ラジオ関係の女社長さんと
奇跡的に顔合わせができる機会に恵まれた時も、
実際に本やCDを持って行ったのだが、
やっぱり、目の前に完全自作手作りで製本された重みのある曲集の楽譜があるとその存在感に現実味があるなと思った。
「ほぉ~~・・・!!」
という感じで関心はもっていただけていた模様。

CDのパッケージに印刷してある、
T.O.P-RECORDSのロゴをみて某女社長さんが、

「ティーオーピーレコーズっていうのは・・・・??」

と、

一瞬の、マジのブランドレーベルだと思ったようである。

つまり、ハッタリは見事にかませていたという事になる(笑)。
雰囲気を醸し出せば人はある程度ついてくるものである(笑)。

私がこのブログで「私」なんて似合いもしない呼称で自分の事を書いているのも、
なんとなく、雰囲気である。
本来なら、オレであるのだが(笑)、
なんか雰囲気が軽くなってしまうというのもある。
おかげで、
私のブログを見ても、
なんとなく音楽をやっているような人にはまったく見えない(笑)。
まぁおかげで近づきにくくて仕方がないのか、
毎度のことながらコメントもまったく付かない(笑笑)。

まぁだからといって、
毎日バカみたいな顔文字やネット語や絵文字を連発して、
猫の写真や食べ物の写真を載っけて軽~い俗記事ばかり書いたら人がもっと近づいてくるかというと、
別にそれはそれで何も意味がないとも思うのでこれでよい(笑)。

まぁ人集め自体は簡単なんですけどね、
YouTubeの私のチャンネルの登録者数は今は349人らしいけど、
これの大半は、数年前にゲーム音楽のドラムやピアノの演奏をアップしてた頃にダーーッと人がそれに寄ってきただけで、
特に私本人の価値が支持されていたわけではない。
勇気100%の再生回数は10万回を超えているが、
未完組曲の試聴やドラム動画なんて、
数か月立っても多くても千回程度だったり、
まぁ世の中はそんなもんである。

ブランドの看板を借りる事は人集めには簡単に使えるが、
結局屈辱しかないのが現実である。
看板を借りて人を集めても自分自身のブランド力向上にはほとんど繋がらない。

今でもハッキリとそれが解るのは、
やはり勇気100%のピアノソロピースを購入してくれる人は、
ほとんどの確率で、
それ単品をぽつんと買っていく。
勿論それはとてもありがたい事である。本当にありがたい事である。
なので、それはそれ、という感じではあるが、
あまりにも露骨な結果が出るので楽しい(笑)。

つまり人の看板を借りても、
そこからはあまり派生してゆかない。
それで終わるのだ。
興味がないものにはない、それが現実である。
これは商売やった事ある人なら解ると思う。
嫌でも心の温度が冷めてくるものを(笑)、
それを表には出さずに年中ニコニコしてネガティブ記事をあまり書かないように、
軍艦行進曲を爆音で聴きながらでもなんとしてでもポジティブな気持ちに自分を持っていく、
あるいはまた、自分のやってる事・才能・商品の価値が、
本当にはどれほどの価値があるのか・あるいは無いのか、
それを自分が誰よりも解っていながら、
「これであなたは幸せになれる、これは素晴らしいよ」
と、半ば嘘をつきながら、自分はご飯を食べなければならないのだ。

正直、商売はつらい。
商売は嘘をつかなければできないと思う。

本当に人を幸せにするものは物ではないからだ。
そして豊かさは何かを付け加えるより何かを減らしていく方が本質的に心も体も豊かで気持ちよくなれる事を知っている。
もう人々もこれだけ物に溢れてどこか疲れているのではないか。

時間がない、無駄を省くといいながら、
実際に世間で売れているものの大半は、

暇つぶしツールばかりじゃないか?

おかしいだろ?

暇つぶしツールで時間を潰しているくせに、
時間が無駄だの効率化だの、
何をバカげた事をいっているんだろう現代人。

ゆっくりしたいよね。ゆっくりのんびり。
疲れてない??

正直商売なんてやりたくない。必要ない。
どこかではそう思っている気がする。

それを、
自分が売っているもの・作っているものは価値があるよと、
なんだか白々しい嘘を平然とした顔でつかなくてはならないのがつらい。
これはお得だといいながらカネを出させてなんぼである。
一番お得なのは何もしないことだ。

すごく難しいね。

嘘をつかずに食べる方法はないですかね(笑)。

人気ブログランキングへ ブログランキング
FC2 Blog Ranking

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。